星間分子

投稿日:2010/12/08 01:21:54 | 文字数:410文字 | 閲覧数:100 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

つき放しても 追いかけてきた 
小さなバレリーナ
振り返れば ずっとそこに
たたずんでいた筈なのに

涙も 迷いも 僕が  
いつも片付けていたけど 
もう 必要ないほどに 高く
蒼い少年と 蝶のステップ 踏んだ

un・ duex・ trois  
ジョミニの戦略で 
雨の スカイツリー 揺らして 
戦うふたつ 星間分子 
僕の 譲れないもの  
甘く 消えてゆく すべて 


"別に…"と言うクセ 無口なとこも
大好きよ なんて
いつからそんなに 人を泣かせるの 
上手くなっていたの

風は とうに 薔薇の奴隷
ハヤブサが 地球を抱くように
ひそやかに 包むように 愛を
守るため 武器を捜しに 出かけよう    
        
un・ duex・ trois 
ジョミニの戦略で 
雪の スカイツリー 震わせ 
戦うふたつ 星間分子 
僕の 譲れないもの  
手に 入れてゆく すべて 






花鳥風月を愛します
借りてきたネコのようにシャイですがよろしくお願いします

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP