イノセント

投稿日:2018/04/23 23:27:02 | 文字数:289文字 | 閲覧数:58 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

歌詞募集楽曲への応募のために投稿しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空に溶けていった煙 真冬の朝
風に運ばれて僕だけ置いていく

守れなかった約束たち どこに捨ててしまえば良い?
こぼれ出した感情さえ 誤魔化しては生きていく?

今空に舞う色を集めて
遥か遠く君に贈るよ
罪の無い白 レースのドレス
きっと君を冷たく包む

「いつもそばにいる」って言えば良かったかな
君に触れる朝が二度と来ないなら

灰のなかに拾い上げた 約束の細い指輪
次にもしも会えたときに 君はきっと泣くんだろう

今更贈る この花束は
綺麗だけど もう意味はない
罪の無い白 大きな百合を
渡せば笑ってくれたかな?

今ここで 神に誓おう
僕は永遠(とわ)に君のものだと

椎名もたさんをよく聴きます。こちらでオリジナル歌詞を少し投稿してみようかと思います。明るい曲はあまりありません。
書き溜めているのもあるので、歌詞先で良ければそちらを提供してコラボできます。曲先でメロディーをいただいて歌詞をつけることもできますが、忙しいときはお受けできないことがあるかもしれません。優しい歌に、悲しい歌詞を付けるのと、ロックにロックの歌詞をつけるのが好きです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP