ウーロン茶

投稿日:2020/03/23 07:18:48 | 文字数:456文字 | 閲覧数:97 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

烏龍茶飲んで思い付いた歌詞です.
お好きにこの歌詞を使って下さい.

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あーあの空っぽの空に
黒く透明な液を流し込んで
冷たい固形を落としたら

透き通った水中の空間に
黒く濃く染まっていく

暑いあの日中の空に
汗ばむよう
次の季節の匂いがする風のような
カーテンから微かに零れる暑い眼差しのような

図書館で漫画読みながら体冷やして
プールに入って涼むも良いけど
でも何かたんない
何か足んない

そうかあれだ-!

そのな日は冷やした烏龍茶×2
別にコーラでもいいんだけど
でも烏龍茶×2
火照った体を潤して

夏が過ぎ冬が来て
またこの日が参りました
ぼっちには辛いクリスマスが
別にカップルじゃなっくたって
家族やダチと過ごせばいいじゃんて

好きな物食ってネトフリでドラマ見て

でも何か足んない

そんな日には暑い 烏龍茶×2コーラは試したことないけど
烏龍茶×2
ボッチな私を暖めて

春夏秋冬気にしない
そうどんなときでも
烏龍茶×2

さあさ皆さん ご承知ください
烏龍茶×2

いつも冷蔵庫に入っているそうそれは
烏龍茶×2

何にでも合う君そうそれは
烏龍茶

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ウーロン茶の歌(弾き語り)

    by Mona22さん

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP