彼女

投稿日:2021/06/10 19:28:14 | 文字数:1,197文字 | 閲覧数:240 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

今更出来た歌詞⑧

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

声に出した言葉は
曖昧な物だった
ヒーローになりたい
居たい 君の明日に

帰ろうとしない帰り道
泣く僕 笑うだけの君
きっと恋なんだろう
君を解き明かそう

たとえ忘れたって
友達じゃいられなくて
約束 最後の人
いなけりゃ 迷子の一途

筋書き通りじゃない小説
嫌われたくなく おぼめく
桜が訪れる

離れ離れ 神様よ
この願い 叶えたまえ
微笑むのは きっと強い人
考えた 僕の意味を

もう一度生まれ変わっても
何てそんな事言わない
その代わり 何生分を一生で過ごしたい

地球規模で 弾かれても
僕は君の味方でいよう
言葉の棘 酷く刺さっても
魅力だ なんで

心の中は 重い想いばかり
君の世界は 小さな舞台じゃない
場所も夢も 遠い話

名付けたんだ「光」
分かり合えない「痛み」
夜空で見た星たちだ
手と手を取り合った

何度も言葉を信じたよ
信じてもらう意味だと
何度も君を信じたよ
意味などなかろうと

何度も上書きされた
過去を知ってても
僕だけに顔を見せてよ
あの日のような

もう一度生まれ変わっても
何てそんな事言わない
その代わり 一生分を君に貰って欲しい

-歌詞平仮名——————————————————-------------------------------------

【1番】
こえにだしたことばは
あいまいなものだった
ひいろおになりたい
いたい きみのあしたに

かえろおとしない かえりみち
なくぼく わらうだけのきみ
きっと こいなんだろ
きみおときあかそ

たとえ わすれたて
ともだちじゃ いられなくて
やくそく さいごのひと
いなけりゃ まいごのいっと

すじがきどおりじゃない しょおせつ
きらわれたくなく おぼめく
さくらがおとずれる

【1番サビ】
はなればなれ かみさまよ
このねがい かなえたまえ
ほほえむのは きっとつよいひと
かんがえた ぼくのいみお

もおいちど うまれかわっても
なんて そんなこといわない
そのかわり なんしょおぶんお いっしょおですごしたい

【2番】
ちきゅうきぼで はじかれても
ぼくはきみの みかたでいよお
ことばのとげ ひどくささっても
みりょくだ なんで

こころのなかは おもい おもいばかり
きみのせかいは ちいさなぶたいじゃない
ばしょもゆめも とおいはなし

なづけたんだ ひかり
わかりあえない いたみ
よぞらでみた ほしたちだ
てとてお とりあった

【サビ】
なんどもことばお しんじたよ
しんじてもらう いみだと
なんども きみお しんじたよ
いみなど なかろおと

なんどもうわがきされた
かこおしってても
ぼくだけに かおおみせてよ
あのひのよおな

もういちど いまれかわっても
なんて そんなこといわない
そのかわり いっしょおぶんお きみにもらってほしい

Messenger(メッセンジャー:伝令人)と申します!

普段はメビウスリング掲示板や群青堂で活動しております!

よろしくお願いします!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP