Ghost friends

投稿日:2021/11/14 05:58:34 | 文字数:298文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真ん丸な月が昇るとき
二人は出会いと別れを繰り返して
いつか会えなくなってしまう
そんなことは解っているんだと

今日はいつもより来るのが遅くて
満足したような声で笑ってる
気がつけば二人の距離は 遠くなって

君はきっと 僕のことを
連れていかないと知っている
霞がかった顔は見れずに
二人歩く 街の中で
気付かないふりをしたまま
最後の別れをしよう

世界はいつも僕を置いてきぼりで
君はそんな僕を見つけてくれた
永遠なんて言葉がないとしても
誓うよ

君はきっと 僕のことを
連れていかないと知っている
霞がかった顔は見れずに
二人歩く 街の中で
いつもの約束をしよう
僕らずっと友達だって

ご閲覧ありがとうございます。
何かございましたら、メッセージの程をよろしくお願い致します。
ライセンスの規約をしていない作品もありますが、その作品に関しては一言だけお声をかけて頂けると、後は許容の範囲内で自由にご使用ください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP