【初音ミク】メービウス

投稿日:2008/06/12 22:04:33 | 文字数:338文字 | 閲覧数:1,597 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

先にニコニコ動画に上げた曲の歌詞です。
http://piapro.jp/a/content/?id=cnxfqhmztkl8x3ya

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

見えない音を 削り出して
目覚める寝床に漂うカンナビス
中空のラウンジに夕べの名残
浮かぶフロントーサ 夜を待とうか
僕らはさながらメービウスの帯
無窮の点対称 遠く遠く 回る回る
風のまにまに訪ねたけれど
留守を重ねて日が暮れた

夢に現に 砂を噛んで 
陰に陽に ただ啜り泣く
炎天見上げてひとり気を吐いて 
零れる吐息はいつかの星月夜
僕らはさながらメービウスの帯
久遠のケンタウルス 近く近く 翔る翔る
文でも書こうと筆を取っても
書いた端から消えて行く

伽藍の振り子が戻り来る
星の継ぎ手に万雷の拍手
宴は過ぎて夜は更けて
明日は何処の宇宙のもと

僕らはさながらメービウスの帯
無窮の点対称 遠く遠く 回る回る
風のまにまに訪ねたけれど
留守を重ねて日が暮れた

「港の空の色は、空きチャンネルに合わせたTVの色だったんですって。」

気ままに作曲、気ままにアレンジ、歌えない歌歌い。
http://dixieflatline.blog59.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    DLさせていただきました。
    今までもこれからもずっと続くだろう長い時間の流れを見上げて、目の前にある風景に視線を落とす、そんなイメージが浮かびました。と、感想は人それぞれだから、書いてどうなんだという気持ちもありますが・・・。
    ありがとうございました!

    2008/11/10 15:29:00 From  room

もっと見る

▲TOP