フェイクリブート

投稿日:2012/01/06 18:03:08 | 文字数:366文字 | 閲覧数:234 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

鏡音リンオリジナル歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朝 街は緩やかに 死に絶えていく蛍の火
また いつもの幻燈に 騙されて今日も夜行性
冷たく透き通った屋上に ハルジオンがもう咲いていて
瞬きをやめて軋む覚醒の彼方

雨 予報に遅れて 渇ききらないアスファルト
まだ 琥珀の明滅が終わらない時間帯のラジオ
冷たく尖った環状線に 烏が虚しく啼いていて
輝きを取り戻す地平線の彼方



終わりに近づく僕の時計だけがいつの間にか針を止めて
煙草を燃やして濁る街はいつもと同じなのに
何も聞こえなくなるぐらいに煩くて 離れ過ぎて届きやしないよ   



ママ、僕は飛行船に乗って
パパ、もう、そろそろ行かなくちゃ



鮮やかに僕の運命は 上書きされた羅針盤に添って
叶わないことは 疾うに分かってた
仄かな痛みは永遠に 涙も眩暈も現実なんだって
何もないままでもいいから 戻してよ

・・・・・・・。↓(;゜;ж;゜; )↓

音源等の使用はライセンス条件を守っていただければご自由にに使用していただいてかまいません。


よろしくお願いします。





ツイッター
https://twitter.com/tanaka_B

ニコニコ動画マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/16579872

pixiv
http://www.pixiv.net/member.php?id=2256789

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • フェイクリブート【鏡音リンオリジナル曲】

    by tanaka_Bさん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP