夏きざす、雨模様の午後

投稿日:2011/10/10 14:22:48 | 文字数:237文字 | 閲覧数:77 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初夏に滲む汗、それは涙だったかもしれない。

_akila.さんの曲の歌詞を担当させて頂きました。
いつもありがとうございます!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

開け放つ 心の
風吹く 空っぽの部分を 撫でてみただけだよ

ああすごい もうすぐ
オレンジ 色した場所が来るよ
私の影が響く

声上げて泣く
見えない世界に ゆれる
君が見たい
流れる絹の
知らない世界に 触れたら
叫んでみる

あてどなく 歩いて
晴れの日 明後日へ思いを 馳せてみただけだよ

ああふしぎ もうすぐ
インディゴ いつもの場所が来るよ 
私のヒカリ歌う

声上げて泣く
見えない世界に ゆれる
君といたい
流れる絹の
知らない世界に 触れたら
叫んでみる

歌詞なんかをごりごりと。
ニコニコ動画マイリスト:http://www.nicovideo.jp/mylist/10728849

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/15

もっと見る

▲TOP