夏秋

投稿日:2015/10/27 20:00:59 | 文字数:526文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「なんて」

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

高架下の電線 平行に伸びる雲
斜め上を見上げる 別に不安なんかありもしない
境界線みたいだ ぼんやりと思うだけ
僕は空に届かず 空は落ちる素振りすらもなくて

夕暮れ なくなって 散らされるだけ
そんなに 泣くなって 笑われるだけ

探してた夏だけが遠くなっていく
春なんてなかったことのように忘れるのに
青いまま気にもせず薄まり続ける
君なんていなかったかのように
涙は向こう側さえ映さない

影の上雨宿り 知らぬふり通すから
柄にもない口笛 やけに遠く響き掠れていた

暗さも このまんま 慣れていくだけ
愛しさ 切なさも 重ねてくだけ

鮮やかはまだ鈍く描き出されてる
声さえも潤んだ熱に溶けて消えてしまう
寂しがることにまた嫌気がさすから
恋さえも潤んだ熱に溶けて
何かを失くしたなんて思わせる

聞こえるうちに言いたいことを募らせて
言えなくなって想いを募らせる
明日はなんて当たり前を期待して
見えなくなって涙を積もらせる
たぶん僕だけじゃないけど
どこにいったのだろう

探してた夏だけが遠くなっていく
春なんてなかったことのように忘れるのに
青いまま気にもせず薄まり続ける
君なんていなかったかのようにって
何かを失くしたなんて思わせる

趣味で作詞やってます。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP