人に満たない (歌詞)

投稿日:2017/11/22 19:59:00 | 文字数:277文字 | 閲覧数:168 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

人に満たないという曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

人に満たない

目蓋に映る世界の価値を知る
夢を見るから 家まで帰れないな

人は急いで時計の針を進め
時間はそれでも歩みを止めはしない

私はまだ取り残されているみたいに
窓を開けられないままだ

また赦されてしまう前に
胸の音が止まってしまう前に

真白い壁に破滅の夢を描く
呼吸をするには身体は脆すぎる

まだ現に殺されないように
外の人に気づかれてしまわないように

また赦されてしまう前に
胸の音が止まってしまう前に

神様 どうかこの私に
とてもとても可哀そうな私に
何の罪もないこの私に
罰を
罰をくれよ

さすれば貴方を呪っていられるのに

フットボールをこよなく愛するギタリスト。ボカロPでもある。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 人に満たない (off vocal.)

    by nokkenさん

  • 【初音ミク】 人に満たない 【オリジナル曲】

    by nokkenさん

▲TOP