玩具屋カイくんの販売日誌(168)  “はっちゅーね”をめぐる人たち

投稿日:2012/09/17 19:03:39 | 文字数:1,440文字 | 閲覧数:124 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ミクちゃんと、デフォ子さんが生み出した不思議な人形。はたして人気は広がっていくのかな?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ここは、ゆくりさんのお店、「ゆっくり」の売り場。

お茶が飲めるコーナーで、リンちゃんとレンくんが、仲よくケンカをしている。

「人の姿を写真にとって、勝手にブログに上げるなよな!」
キャンペーンの天使の姿のまま、怒るレンくんに、リンちゃんは涼しい顔で言う。
「いいじゃん。天使のテト・ドールの宣伝にもなるしさ」

二人のやりとりのかたわらで、りりィさんは、モモちゃんと話をしていた。

「そう、いまデフォ子さん、ニコビレにいたのね」
「ええ。久しぶりに話ができて、楽しかったです」
モモちゃんはうなずいて、そばの棚を指さした。

「さっき、あの“はっちゅーね”から、デフォ子さんの声が聞こえたと思ったから…。私、彼女にもしや、何かあったのかな、なんて思っちゃった」
りりィさんは、笑って言った。
「そう。でも、元気そうで良かったわね」

彼女は、金髪の髪をかき上げながら、続けた。

「ニコビレって、いろんなアーティストが仕事場を構えてるところでしょう。そういえば、この間、レイムさんという知り合いが、そこに入居したっけ」


●そんなサプライズがあったら素敵

「そうですか」
モモちゃんはうなずいて、そして聞いた。

「でもりりィさんは、どうして彼女のそばに、“はっちゅーね”があるかどうか聞いて”と言ったのですか?」
「ええ、ちょっと思いついたの。ここの“はっちゅーね”が不思議なおしゃべりをするなら、もしかしたら、同じ人形が向こうにもあるのかな、と思って」

りりィさんとモモちゃんが、なんだか不思議な話をしているので、
ケンカをしていたレンくんとリンちゃんは、おとなしくなって、話に聞き入っている。

「ホントに、不思議な人形よね。もしかしたら、離れてる人に、想いを届けてくれるのかしら?」

りりィさんの言葉に、レンくんは目を輝かせた。
「へえ、スゴイなあ、そんなサプライズ、あったら素敵ですねえ~」

そう言って、棚にある人形の頭をなでる。
リンちゃんはそれを見て、すばやくケータイで写真を撮った。

「ヨーシ。不思議な人形とたわむれる、不思議な姿の少年。この題でブログにアップしよう」


●魔境への入り口?

その頃。

アーチスト支援施設の「ニコビレ」の作業室で、熱心にしゃべっている一団がいた。
レイムさん、ミクちゃん、ルナさん、デフォ子さん。そしてそのそばに、“はっちゅーね人形”が置いてある。

そこへ、デザイナーのマコさんがやってきた。
作品に使う布の、仮縫いをしようと思ったのだ。

「…私が思うに、デフォ子さんが作業の時に、爆発で開けた穴で、この部屋は“異界”とつながってしまったんだと思います」
レイムさんが、腕組みをして言う。

「異界ってなあに」
のんびりと、デフォ子さんが聞く。
「この世界とは、次元の違う世界です。穴が異界の入り口になったんです。爆発したとき、そばにあった人形も、その影響を受けたのかしら」

「だから、遠い所にいる人の声が聞こえるわけ?」
ミクちゃんも、腕を組んだ。
「たしかに、私、自分たちが作った人形ではあるけどね、」
彼女は、机の上の人形の頭をなでて、続けた。

「コイツを見てるとね、何か、ずっと会っていない友だちに会いたくなってくるのよ」


そばで立って聞いていた、マコさんは思った。
「ようわからんけど、それなら、このニコビレは、魔境への入り口、ってこと?こわいわぁ」(ノ゜⊿゜)ノ


(次回に続く)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は! 早速、拝読させて頂きました。

    考えれば考えるほど、はっちゅーね人形は不思議ですよね~♪ なんか、れいむさんの異界説、信じちゃうかも! 異界への入り口って、こういう突発事故で作られることもあったりして。

    しかしレン君は、なんというかツイてないと言うか、またリンさんに撮られちゃいましたね。でも頭妄想の人形と戯れる天使レン君が、なんというか、”レンきゅん”(可愛いレン君の呼び名)になってしまっています。随分前ですが私の小説1作目の”きのこ研究所”のイラストをhata_hata様が描いて下さったときの、恒例前バージョンの漫画で、ぬいぐるみを抱いているレンのイラストがあって、まさにそんな感じだなぁ、というのが頭妄想です。

    こうなると、続きは、”魔界編”突入かも!?

    ブクマ、頂きました! ではでは~♪

    2012/09/18 16:48:08 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、有難うございます!

    >異界への入り口って、こういう突発事故で作られることもあったりして。

    そうですね。不思議なことは日常のちょっと隣にありますからね。
    その扉が開くかも、っていうのは楽しいですよね。

    >しかしレン君は、なんというかツイてないと言うか、またリンさんに撮られちゃいましたね。

    ですね(笑) ボカロファミリーの男性陣は、なんというか、情けないヤツが多いですよね。
    ツイてない道を、選びやすい体質の人って?あるかもしれません。


    >私の小説1作目の”きのこ研究所”のイラストをhata_hata様が描いて下さったときの、恒例前バージョンの漫画で、ぬいぐるみを抱いているレンのイラストがあって、まさにそんな感じだなぁ、というのが頭妄想です。

    あ、ほんとですか?それは楽しそう!こんど、ぜひ見てみますね。楽しみです!


    >ブクマ、頂きました! ではでは?♪

    有難うございます!また、感想を聞かせてくださいね。

    2012/09/18 22:24:44 tamaonion

もっと見る

▲TOP