7th room

投稿日:2013/11/03 10:16:19 | 文字数:639文字 | 閲覧数:819 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

7th room


music & words : out of survice
BPM = 190
color = ff9e00


7つの部屋 心の奥
月の光 差し込む温度
静寂と残響が
薄暗がりを閉じ込めて離さない

途絶えた旋律(melody) 何処へ消えた?
来ないで 見ないで 僕は怖いだけ

段々と染み渡るのは冴えた風   
六畳一間を夜の火が照らしていく

興もベッドの上       
希望も奇跡も僕は何も無い

飲みかけの水 ホコリまみれ
褪せた絆 痺れる両手
チラつく蛍光灯が
眠れない網膜を刺して
今朝の夢が胸を穿つ
いつからだろう 君が居ない
静寂と残響が この身体を鈍らせていく

過去も現在(ima)も 何処へ埋めた?
来ないで 見ないで 外が怖いだけ

段々と踏み場は埋もれ動けない 
木箱の中の玩具と戯れている

もう面倒は嫌なんだ
季節も時間も僕は分からない

読みかけの本 ホコリまみれ
褪せた写真 幼い僕
ざらつくtelevision 見慣れない嘘吐き出して
お金じゃない 欲しいモノは
永久(towa)に続く生きている実感
静寂の反響がこの声と耳腐らせていく

まだ土に還れるのかな
遠く誰かの呼ぶ声がする

開かずの部屋 心の奥     
君の言葉 刺し込む太陽    
快楽に溺れて 雁字搦めの怠惰な日々

その隙間に楔を打て
抜け出すなら今しかないんだ 
脆弱な反動さ
この歌と声 誰か聴いていて
届いて 聴いて

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP