Standby.(仮)

投稿日:2010/12/10 23:41:58 | 文字数:399文字 | 閲覧数:90 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/content/ek0eumjqkcb9wdjt

かずくんP様の歌詞応募に応募させて頂いた歌詞。
曲中の携帯のバイブ音がとても印象的だったので、携帯というワードを取り入れてみました。
タイトルが思いつかなかったので、(仮)という事にしています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



ネオン輝く夜の街 寒空の下での待機
吐息が白く染まる 愛しい王子様は何処?

擦れ違う恋人達 幸せそうに笑顔浮かべる
約束の時間を過ぎても 私は一人待機のまま
握り締めた携帯電話 気付けば何度も確認してた
王子様は何処にも居ない それでも信じ続ける私…馬鹿? 


携帯握り締めるシンデレラ 硝子の靴は無いけれど
それでもずっと待っていた 私を迎えに来てくれる王子様は何処?



期待感と絶望感半々 寒空の下待ち続けてる私
寒さに凍える身体を ぎゅっと抱き締めながら
握り締めた携帯電話 見詰める度視界が揺らいだ
王子様の姿は見えない それでも信じ続ける私…馬鹿?


携帯握り締めるシンデレラ 硝子の靴は無いけれど
それでもずっと待っていた 私を迎えに来てくれる王子様は…


冷たい粉雪が降り注ぐ それでも待っていたシンデレラ  
ふと手の中に感じる振動 私を迎えに来てくれる王子様は…

初心者です(・ω・)ノ

基本歌詞を書いてます。
拙い歌詞しか書けませんが、温かく見守って頂ければ幸いです。


あ、曲付けてくださる方は24h何時でも大歓迎でs(ry

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP