ラグナロク 

投稿日:2009/11/25 05:11:35 | 文字数:539文字 | 閲覧数:32 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

個人用にも上げておいて見る。
北欧神話のラグナロク(神々の黄昏)のことです。
ミクとルカでパート分けてる感じになってます。
でもどこがルカでどこがミクか書いてませんね。すいません;;

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サビ)
幸せそうに微笑む貴女さえ
今は霞んで見れません
陰り出した私の精神
止まない雨に打たれながら
病まない雨の下で二人

A)
昨日までの私とは違うよ
その言葉は真実なのか
自分自身でも胸を張れない
この頬を伝うものは何?

B)
叫び出したい衝動を抑えて
駆け出したい衝動を抑えて
自分を殺してただ耐え続ける

サビ)
世界はきっと終わりを告げるわ
終焉の獣に食い尽くされて
審判が下るその日になるまで
私のことを抱きしめていて
私の隣にいてください

サビ)
終わりはきっと唐突に来るから
いつでも覚悟をしていなさい
神罰が下るその時がくるまで
罪を背負って苦しみなさい
咎を背負って生きていけ

A)
この瞬間に明日を願うよ
その想いは偽りじゃない
全身全霊で貴女を愛します
この腕のクロスに懸けて

B)
抱きしめたい気持ちを抑えて
口付けをしたい衝動を抑える
資格がないからただ絶え続ける

サビ)
想いはきっと時空を越えるわ
終末の世界も飛び越えて
真実が見えるこの眼に確かに
荒野に咲いた華が見えるわ
私が持った最後の希望

サビ2)
世界はすでに終わりを告げたわ
終焉の獣も力尽きて
私と貴女二人で生きましょう
例え貴女が息絶えようとも
愛し続けます 心から

再始動しようかと。
ゲームシナリオライターになりました!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP