true end

投稿日:2014/09/23 01:53:34 | 文字数:368文字 | 閲覧数:143 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

劣等感に見舞われた淡い微熱の日々に
擦れていくココロと 撒き散らしたエゴイズムで

見失った明日に何を求めるっていうんだい?
揺れた世界線上で君は朝焼けに溶けた


壊さないように撫でる その両手も
枯れていく花のように 


裂けた傷口から零れたのは 真っ赤な色した嘘で

冷めた浴槽に染みた痛みと 固まらない弱音と本音


焦燥感に見舞われた淡い微熱の日々に
垂れ流す冷や汗と 噛み殺していた嘔吐感と

つま弾かれた人生ゲーム 回る事をやめないルーレット  
錆び付いた足を止めて 


壊さないように撫でる その両手も
枯れていく花のように 


裂けた傷口から零れたのは 真っ赤な色した涙で

冷めた浴槽に染みた痛みと 固まらない弱音と


膝抱えた弱虫の僕の時間はあの日のままで

また君に逢えたその時には また名前を呼ばせて

ギターで曲書いてます

ロック系な感じが多いです


ブログもやってたりします

http://rid-0x8x0x9.seesaa.net/

どうかよろしくです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP