もしも

投稿日:2011/02/18 16:01:58 | 文字数:603文字 | 閲覧数:53 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

僕の遺言(笑)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もしも僕が死んだら
泣かないで、悲しまないで、悔やまないで
「忘れて」
そして僕の墓前で
笑って、微笑んで
「幸せでした」と言って

後悔なんてしないでね
だって君のせいじゃないから
”もっと一緒にいればよかった”
”もっと傍で笑ってればよかった”
”もっと抱きしめとけばよかった”
そんな後悔はいらないよ
僕が思って欲しいのは
”死んでくれてよかった”
”ああ、気が楽になった”
”これで私は幸せになれる”
”やっとさよならね、うれしいわ”

そしたら僕は高速で天国へいけるよ
君のために死ねて嬉しいよ
「さようなら」
涙があふれるよ
悲しみじゃない、喜びの涙が


もしも君が死んだら
すぐに迎えに行くからね
迎えが無理なら追いかけるよ
そして君の隣で
また一緒に歩いていこう
どこまでも

「死ぬ」と呟いてみると
その言葉の重さを改めて感じる
「君」という存在は
何があっても離しはしない
君の言うことならなんでも聞くよ
できる事ならやってあげる
だから、泣かないで

もしも君が泣いて
苦しくて、辛くて、死にたいと思うなら
ただ抱きしめてあげる
そして僕の鼓動を聞いて
生きてること確かめて
聞こえなくなっても
君の鼓動は鳴り続けるんだ

もしも昨日がなくなって
明日が来なくなっても
僕は変わらないでいよう
もしも世界が荒んで
地球が滅びようとも
君の隣にいるんだ
だから、泣かないで


end

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP