替え歌 『家籠リタイデス』

投稿日:2014/01/19 22:23:33 | 文字数:884文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

じん(自然の敵P)さまの『夜咄ディセイブ』の替え歌を作りました。
本家様をかっこよく歌えなかったのでヤケになってやりました。
後悔はわりとしてません。
-----------------------------------+
そして自分で作った替え歌を歌ってみたのだった。
http://tmbox.net/pl/396564

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

“人を傷つけるのは得意なんだ”
“でも、本音を出すのは苦手でさ”
“可笑しいね、いつだって”
“言った後に、後悔するんだよ”


寝不足で浮遊感 画面 次第に乱反射して
カーテンから光 またもや愚痴ちゃって いいかな?

「ねぇ なんか話そうか。馬鹿で自傷症性なんだけど、
もうなんかおさまんない。ネタ話だって体で一つどう?」

「じゃあ、ちょっと呟くか。僕の不安でいて楽なとこ
富豪にはなれない 僕がずっと悩んでいる事」

「十年は経ちそうな自立『弱虫』の声がして
毛布にくるまった『嘘をつき続けろ』ってさ」

「これまで、僕は大人しくて
話せないことや人が増えてきて

『弱虫』に成り果てちゃってさ

…あぁ、ごめんね!呆れないで!全部ホラ話だよ?」

「オーマイ最低!なんて醜態!」
僕は誤魔化す なんて言ったって
この本心は根暗じゃない?

偽って、そっぽ向いて、嘘を重ねて
僕は今日もまた 動画を、嘲笑う

(間奏)

お菓子、食べ過ぎて 少し太りそうな少女にも
ゲームをやり過ぎて かなりキている青少年にも

そう、もう同じ様に 無理な「妄想」インプットして
毛布にくるまった それ以来気づいたんだ、僕らは

「単純に妄想叶ったとして、
 一人ぼっちじゃ二次元でも生きていけない」

「やめろおい」
「いやいや、事実だよ?」

崩れそうなリアル(妄想)『NO』で満ち満ちていく


「オーマイ最低!もっと見て!」
外の景色を 学生 社会人 ほらご老人

「死にたいよ」なんて言った
僕は変わらない

年を取る度、常々呆れてる

(間奏)

「オーマイ最低!もう嫌いだ!」
ほら、踏み出せよ
笑えない様な 僕なんて
もう救えない?

『問題ないぜ』なんて言って
君も変わらない

「あぁ、眠っちゃった」

またズボラな僕に、常々溺れていく


“あぁ、ちょっとネガティブだったね”
“まぁ、ただの『ホラ話』だからさ”
“それじゃあ今夜はこの辺で”
“次に鬱になった時は”
“もっとうざったい書き込みをするよ”

ミクと帯人が特に好きです。
人生ままならないよねってことを
文字にしてます。
よろしければ、絡んでやって下さい。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP