投稿日:2016/09/29 17:51:37 | 文字数:399文字 | 閲覧数:83 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

小学生くらいの子供が小さな旅をしてる感じです。
ユキちゃんと“電車”というテーマから連想しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

たったの二両 列車は今
畦道を超えてく
あっち側の町がほら
少しずつ見えるよ

ずっと見ていたよ
移りかわる雲
ちょっと不安だよ
君がいないこと

停まった最後の駅は
初めて見る景色で
知らないものもなぜだか
優しいにおいがした

たったの二両 列車が今
ぼくを置いて帰る
あっちのぼくと君の町の方へと帰る

ずっと歩いてく
知らない道でも
まだ平気だよ
ぼくはひとりでも

渡ったのは澄んだ川
魚が泳いでいた
大きな鳥居の前で
知ってる歌を歌う

たったひとり 背伸びした
小さなかげぼうし
あっちの空 ぼくらの町の空を
見上げた

少し影も伸びてきたよ
誰もいないホームには
知らなかった ぼくひとりの
温かさが広がった

たったの二両 列車は今
ぼくを乗せて帰る
あっちのぼくと君の町の方へと帰る

移りかわる空の色は
さっき見たのと違うけど
沈む夕日を見て ぼくは
「今帰るね」とひとりごと

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    素敵な歌詞のご応募ありがとうございます(^^)
    ユキちゃんにぴったりの歌詞だと思いました!

    採用するかどうかは現時点では申し上げられませんがとても気に入りました。

    完成までしばしお待ちくださいm(__)m

    2016/09/29 19:13:15 From  yyyy_soft

▲TOP