利用者に対する放火と盗用、肉体言語による通信技術の向上に対する論文

投稿日:2018/04/20 12:24:14 | 文字数:470文字 | 閲覧数:206 | カテゴリ:小説

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

対、宮田の証明

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ミスディレクションによるマジックについての考察と報告書

参考資料A-1により、動画サイトや音楽配信サイト等でタグ荒らしを行う子供は強烈なミスディレクションにかかります。
それにより完全な管理と誘導により健全育成が可能となります。
一般人には解析、対応不可能なので、私に対しての脅威は完全に消滅しました。

 中には大人な子どもも存在しますが、肉体言語による通信技術により、貴重な経験をありがとうございました。とお礼を言うほど礼儀正しい大人となることだと思います。しかし、その状態での入社はミスディレクションがかかったままでの入社となりますので、採用は控えた方がよろしいかと思います。(参考資料A-2)
 
 御社のみでの教育はほぼほぼ不可能である。と結論付けました。成功体験はいずれ足かせとなり、子どもを苦しめる結果となり、反省と謝罪の機会を得ることなく、大人になった状態で世間やご近所に迷惑をかけることが懸念されます。(参考資料A-3)

広域連携の強化により、子どものネット利用に対して賞罰を行い、強く監視を行う必要があると考えます。

全世界のみんなを愛しています^^
鍋では菊菜が大好きで、「やんごとない」ことを「やんなきこと」だと思っています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP