FREED

投稿日:2017/03/16 08:59:15 | 文字数:809文字 | 閲覧数:1,151 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

嫌いなものから目を逸らして
夢だけ見ていれば楽でいいな
挫折の痛みがひどくなって
麻酔を打った日々だ

拭えない孤独が佇んで
手のひらを返して笑うんだ
きれいごとばかりが目に付いて
泣きたくなるんだ

分かってたけどって言い訳ばかり
積もって嵩張って持ちきれないよ
全部捨て去ってしまえたらいつか
止まってた夜が白んでゆくのか

今日を遮った昨日の言葉が
何度も響いて僕らを塞いで
遠い 遠い 未来の記憶の声を探したよ

あぁ 立ち止まって溺れる
肥大した期待に僕は嘆いて
高い空はいつも
街の喧騒に茹だった僕を眺めてる

もう 嫌になって閉ざした
希望や未来に今日を求めてしまう
僕の声は君の前に まだまだ 届かない

重たいものだけ抱え込んで
いつのまにか先を越されんだ
気づけば辺りが暗くなって
孤独に泣いた夜だ

周りの期待に応えたくて
大切なものを忘れたんだ
綺麗なものだけ身にまとって
見せびらかすんだ

迷って捨て去った僕らの日々は
今日を模って落ちてゆくのさ
合図に合わして吐いた言葉は
軋んだこの街の愛に塗れて

去ってゆく景色 退屈な夜
何度も歌った僕らの思いが
深い 深い 夢の奥底に霞んでゆくんだよ

あぁ 立ち止まって溺れる
肥大した期待に僕は嘆いて
高い空はいつも
街の喧騒に茹だった僕を眺めてる

もう 嫌になって閉ざした
希望や未来に今日を求めてしまう
僕の声は君の前に まだまだ 届かない
    
最終便が運ぶ夜に
揺られながら眠る数分間にまた
ほら縋ってしまう心に気づいてよ

くだらない毎日だって歩んできた
またひとつ刻みつける後悔にだけ
淡い未来だけが 溢れているんだよ

あぁ 取り残した光が映した
未来は今日も続いてく
もう 振り返って
やり直すそんな時間もないや

途絶えた期待 それでいいさ
溶かした視界 曖昧な愛が滲んでしまう
君の声は僕の前に 
まだまだ 届かない

(プロフィールはありません)

もっと見る

▲TOP