夢遊絶頂感 歌詞

投稿日:2020/05/08 16:37:28 | 文字数:517文字 | 閲覧数:4,298 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

コンピレーションアルバム「ひとつみつけたつみのあじ」
1st Album 「ねむるピンクノイズ」
収録曲・夢遊絶頂感の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今日もいつもの場所に真夜中
忘れ物は無いように
街の明かりに綺麗な化物の影ひとつ

太陽の見てる場所じゃあなたは笑う傀儡 猫かぶり
本当は「--------------」って考えながら過ごしてんだ
見なけりゃよかった真実は
あの日だ、あの夜に送りつけられたメッセージ
「いきなりごめんなさい。君の憎む人を教えて。」

あなたは「最高だ」って言った
手を洗いながら笑った
振るわれたナイフでここは地獄になった
なのに生まれたあんな夢の中にいるみたいな高揚感は
恋と呼べる代物なんだろう

「クズばっかだろ世の中は。
そのくせ平和に生きてんだ、
おかしいだろ!」叫び散らせば
あなたは静かに微笑んだ
知りたくなかった真実はいつしか救いになっていて
怖いくらいに美しいあなたになりたかった

「最高だ」って言ったその目には僕は見えてないが
どうでもよかったんだ
あなただけが女神なんだ!
どれほど経ったろうか
数ヶ月ぶりのメッセージの中には
あなたの憎む人が書かれていた

僕は「最高だ」って言った
手を洗いながら笑った
僕は初めから秘密を守るための生贄でした
なのに生まれたこんな夢の中にいるみたいな絶頂感は
恋と呼べる代物なんだろう

ボカロ曲投稿してます。よろしくです

もっと見る

▲TOP