にわか雨

投稿日:2017/04/16 21:25:09 | 文字数:175文字 | 閲覧数:191 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ねぇ君はまだそこにいて笑っているの
ねぇ僕はまだここにいてひとりきりだよ
雨の匂いのする風に君を想う
泡沫に散る花
夜空を灯して
闇に墜ちる
翼があったなら
君のもとまでただひたすらに
羽ばたくことができていたのに
こんな動かない足なんかでは
通り過ぎてゆく君の背中も
見えなくなっていく
僕は今日もひとりだよ
また夏がきても
あの夏の君はもういない

作曲者様・絵師様・動画師様、少しでも気になったら気軽にメッセージください。歌詞使用の際は事前に一言確認してくださると助かりますm(__)m
楽曲募集タグのない作品は自分でDTM練習に使っているか既に作曲者様がきまってる可能性がありますので。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP