ミズアメ - 歌詞

投稿日:2016/06/09 08:50:41 | 文字数:397文字 | 閲覧数:863 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

歌詞です。思いを詰め込みました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『 空中遊泳 』

射出口に乗った落ちる月を送って
僕はまだ見ていた解けかけてる夏の空を

射出口に乗ったこの昇る月を蹴って

飛び出したの

僕の目、映る今日が明日を穿って
また来られますように

ガラスのようだった命が澄んでいった
今日をいつかはさ一等星の果ての果て

息をする、なんて僕は

歌う声沈み込む何千と「止まれ」
のかけ声いっせーのWe say now

浮かぶ水面に消えるどうか
空へ、僕を飛ばしてくれ

叫んだ遠く帰せぬ僕ら
揺らいだ視線に死せる僕ら

待ち望んだ未来へ急く僕ら
ただ昨日を知って気付いた僕らだから

変わっていった落ちる、墜ちる
南西の夜に。泣いて、足掻いて

手を伸ばせど届かなくて

生きる事も出来ないから
そっと息を止めたんだ

『空中遊泳、僕達は空で溺れる』

今、何回だって脈を打った
赤色に染められても

伝う頬を濡らして

僕は、僕は、僕は。

もっと見る

▲TOP