フシンカン

投稿日:2013/12/20 19:27:54 | 文字数:711文字 | 閲覧数:39 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

思春期独特の人間不信を書いてみました。

メッセージなど、気軽にどうぞ(*^_^*)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1
【a】
きれいな言葉にじみゆく 闇色に染まり
不純な言葉ばかりで嫌になる

【b】
都合いい言葉で僕ら歩かせて
渦の中の僕ら見て悦(えつ)に入(い)ってる
そんなろくでなしばかりいる
どうしようもない世界だから

【s】
きみのことば信じたくて
嘘で埋もれちゃった街
きみのことば受け取れない
ぼくに積もるフシンカンで

真実 求めすぎちゃって
身の程知らずなんだってよ
雑踏の中で 僕はひとりぼっちなんだ

2
【a1】
優しさと醜さの背筋が凍るような 
間違いが起こってしまっているみたい
【a2】
微笑みながら舌打ちをするなんて今じゃ
ありふれた出来事になってしまった

【b1】
夢は叶うなんて全くのデタラメ
読点に隠した多量の但し書き
甘い飴に釣られるならまだまし
その飴さえも虚構なんだ
【b2】
集団睡眠ごっこなんてしてさ
かからない僕が悪者なんてさ
どう考えたってひどい理論なはず 
でも吊されちゃうから

【s】
きみのことばきれいだけど
心までは 見えないよ
きみのことば毒に変わる
ぼくの纏うフシンカンで

透明で輝くダイヤ
みたいなもの 高望みして
世界のなか 僕はひとりぼっちなんだ


~間奏~

【s】
信じたいと思うほどに
愛したいと願うほどに
つもりつもりそれはなぜか
僕を苦しめていくんだ

一つのことばを信じて
笑いたいと思うだけなんだ
どうしてそれが僕はできないんだろうか

【s】
きみのことば信じたくて
嘘で埋もれちゃった街
きみのことば受け取れない
ぼくに積もるフシンカンで

真実 求めすぎちゃって
身の程知らずなんだってよ
雑踏の中で 僕はひとりぼっちなんだ

諸事情により、ピアプロでの活動は現在ほぼしていません。

歌詞の使用許可や依頼などはTwitterで連絡してくださると嬉しいです。
https://twitter.com/koshian_panda00

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP