浮遊

投稿日:2016/05/14 17:09:09 | 文字数:349文字 | 閲覧数:48 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

雪さんの曲に歌詞をつけさせていただきました。
( )内はふりがなです。
ルビ機能がほしい!

「そばにいてくれた君を、僕は、見栄を張って傷つけたんだ」

比喩がごちゃごちゃで分からないと思います。←
近いうち、解説を描きたいと思いますww

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

〝青い青い世界の 青い青い物語
空に浮かぶ鳥は 魚に恋した”
背伸びした言葉で 君を傷つけた
本当のこと何も 伝えられてないままで


立ち入り禁止のフェンス 飛び越えてさ


涙(みなも)に映った夜空を見ていた
手を差し伸ばせたら ねぇ 君はそこにいたかな
片方の羽じゃ うまく飛べないけど
お願い、泣かないで
もっと高い空の彼方へ


二人並んで歩いた道で 
二度と話さないと誓った右手…


〝広い広い世界の 二人の物語
あの星座たどって 僕らは恋した”
想って近づいて どうしてって揺れて
まだ温かかった 君の手のひらが見えた


箱庭の外で


淡い涙そっと夜空に隠した
手を差しのばしたら ほら 君はそこにいるから
白く映った雲の その向こうまで
遠く光る君へ 声が 届いていますように

作詞を主に(たまに絵師として)活動していきたいと思っています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 浮遊

    by 雪です。さん

▲TOP