Apple Alice ...8

投稿日:2011/04/01 17:41:07 | 文字数:437文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遅かった。
僕が迷っている間に,彼女は眠ってしまった。

もう2度と覚めない夢を見始めてしまったんだ。
そっちでも君は1人でまた…
いや。きっと違う。
[笑顔]を知った彼女なら,空の上じゃあ,たくさんの仲間と生きて行くはずだ。

僕は彼女のその身体を抱きしめる。
まだ,ほかほかしていた。
もういない母親のように。

ごめんね。
うわ言みたいに呟いて。
僕の涙で,彼女の体温はまた少し上がった。

木の長い箱。
上はガラスで,彼女が見える様になっている。
僕はそこに,彼女と,花束と,木の実と




林檎を入れて蓋をした。

君との約束は果たせない。
これは君が持っているもの。
君の象徴を壊したら,君が君でなくなる。

それが例え,君がいなくなったとしても。
[君がいた]と言う事実を夢として取り扱いたくない我侭でもある。

だけど。

さっきまで無表情だった君の顔が
どこか笑い,頬が赤らんでいるように見えた。
幻覚だろうか。
僕には分からない。
でもそうしておこう。

妄想鯖缶野郎のルームへようこそ(^ω^)ついに夢のニコ動デビューでうほうほhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm14193769 
まだまだ未熟,不完全な点ありますが,立派な(?)歌い手目指し頑張って行きますのでよろしくお願いいたします(`・∀・´)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP