浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)

投稿日:2019/04/03 22:20:17 | 文字数:686文字 | 閲覧数:94 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

夢を追っている自分に向けて作った和風ロックの応援歌です。



※手直しのため再アップロードです。


※浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)

閻魔大王が持っている水晶ででき鏡。
この鏡には生前の本人の行動がそのまま映し出されます。
さらに周りにどんな影響を与えたのか、本人の行動によって周りの人がどんな悲しい目に会ったのかまで映し出されます。
それを見た人間は自身の人生の意味と己の罪を深く感じ、そして後悔し、慚愧し懺悔するそうです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この世は 仮初め? 一度きり?

想い描くのは楽しく心地よくて
理想と現実の狭間で揺れ動く

出来ない理由探し 諦めを言い聞かせ
こんな筈じゃなかったと
涅槃に旅立つのか

きらきら舞い踊れ 炎の如く風の如く
此の世は仮初め?一度きり?
只想いにおどりゃんせ
ひらひら歌い踊れ 徒花咲かせて散りぬるを
此の世の果てまで響かせて
己の生き様みせてやれ



初めの一歩は 誰でも踏み出し難く
大きな夢さえも 芥子粒が如く見ゆ

それでも前に進む 意味は果て果ていざ知らず
なれば浮草川流れ 決め込むつもりなのか

きらきら舞い踊れ 大空駆ける雲の如く 
運命(さだめ)さえも吹き飛ばし
只想いにおどりゃんせ
ひらひら歌い踊れ 時を追い掛け追い越して 
輪廻(めぐる)命無きものと
思えば浮世も愛おしい


望んだ命ならざれど
この世に生まれてきたりなば
咲かせてみせろ 徒花を
浄玻璃鏡(かがみ)の前に立つまでに


出来ない理由探し 諦めを言い聞かせ
こんな筈じゃなかったと
涅槃に旅立つのか

きらきら舞い踊れ 炎の如く風の如く
此の世は仮初め?一度きり?
只想いにおどりゃんせ
きらきら舞い踊れ 大空駆ける雲の如く 
運命(さだめ)さえも吹き飛ばし
只想いにおどりゃんせ
ひらひら歌い踊れ 陽炎のごとく消えるとも
誰が為でないこの命
燃やし尽くして駆け抜けろ


五線譜睨んで唸ってみたって
チクタク時間は過ぎてく
いいね!が欲しくて徘徊する度 時は去る
ハイ!!

パンツを被って 踊り狂えば
メロディーひらひら降りてく
光速人生気づけば目の前 閻魔様
ハイ!!

ベース昔弾いてました。
ギター弾けません。
ピアノ弾けません。
cubase使っています。
初音ミクさん、巡音ルカさまに歌ってもらっています。


2016.06~作詞作曲開始
2017.4.18~VOCALOID初音ミクV4X
2018.4 VOCALOID巡音ルカ

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)

    by ラキシス22さん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP