どこにもいかないでね?(レンリン)

投稿日:2009/01/09 00:18:13 | 文字数:858文字 | 閲覧数:830 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ぐだぐだで申し訳ないorz
実はリンにぞっこんなイケレン(文じゃわからない罠←)が書きたくなって衝動的に書きました土下座

また変更するかもな作品です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


それは突然の出来事だった。
いつもの様に公園で二人で遊んでいた時の事。急にリンがしゃがみ込んだと思ったらガガガガという音と共にその場に倒れ込んでしまったのだ。
今までになかった出来事に驚いて、とりあえずマスターのところへ連れていかなくちゃと足を走らせた。
「リン…!リン…!もうすぐマスターのとこに着くよ!ねぇ!リン!」

思いきりマスターの部屋のドアを開けて飛び込むとめー姉とカイト兄がデュエット中だった。三人とも目を真ん丸に見開いてとても間抜けな顔をしていた。

「大変なんだ!リンが…リンが動かねぇんだよ!マスター助けて!」

そう言ってリンをマスターに預けると、修理に集中したいからと部屋を追い出された。めー姉とカイト兄が心配そうに見てきたけど今は自分の部屋で篭っていたかった。
なんで……なんで……今まであんな事なかったのに。治るのか?嫌だ。リンがいなくなるなんて嫌だ!お願いだから治ってくれ。まだ言ってないのに。リンに、リンの事が好きなんだって。言わなきゃいけないのに、伝えたいのに。胸に溢れ出す悲しい感情が涙となって現れる。

「離れるなんて嫌だ…リンが……好きなんだ。」


「いつまでもメソメソしてんじゃないわよ!」

聞き慣れたソプラノのよく通る声。その声に驚き顔をあげるとリンが扉の側に立っていた。

「え……リン?」

「はしゃぎすぎたみたい。このリンちゃんがそうそう消える訳ないでしょっ!しかもレンを置いてなんてありえないんだから!」

そう言っていつものように明るい笑顔でブイサインを決めるリンの姿に安堵して、何故かまた涙が込み上げて来た。

「心配かけんじゃねぇよ、バカリン。すっげぇ心配したんだぜ?」

「えへへ、ごめんごめ…ひゃっ!レン?!」

押さえられないこの感情に任せて、リンを思いきり抱きしめてやった。もうどこへも行かせるもんか。リン…君の事……


「大好きだよ」








もう後には戻れない
(恥ずかしいな、もう離してよ)
(もう少しこのままでいさせろよ)

カイメイとレンリンに愛を注ぐボカロ初心者です^^

携帯からの更新なので小説しか置いてません・ω・

ヘタレなカイトの世話をするめーちゃん、おてんばなリンに嫌そうにしつつも内心嬉しくてうずうずしながら着いていくレンに萌えます(笑


もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP