風無くして揺れる崖の旗

投稿日:2014/08/13 12:15:26 | 文字数:262文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ボカロ候補曲第三弾!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あの日流したのは
赤く輝く涙
闇夜に揺れる
風無き崖に立つ旗

奇怪だろうか その揺れる様
科学なのか 魂なのか
月夜にたなびく
風無き崖に立つ旗

その旗に触れれば

声が 声が 声が 声が 
心 の中 彷徨い 響く
花火と共に散った
祭りの痕(きずあと) 

異界だろうか この地すべてが
異なる次元の 景色だろうか
夜空の下 絶え間なく
風無くして揺れる崖の旗 触れる度

声が 声が 声が 声が
世界 中を 巡り 巡る
悲鳴にまみれて散った
祀られぬ我が命(みこと)
花火に消された声が
未だ空を旅する
アトノマツリ

だいぶ前に買ったミクちゃんを活用してなかったので、少しずつ作品投稿していければと思います。社会人一年目です

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP