ページ

投稿日:2018/05/11 00:39:02 | 文字数:259文字 | 閲覧数:125 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

一ページをめくっていく。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「終わりを迎える時はいつか来る」

そういつも心に言い聞かせ
次に迎える朝を待っていた

冷えて冷めきっていた
それはとても静かに
佇んでいるんだ

光を見ては後退りを
繰り返していた
その中で揺らぐ影を
縫い合わせている

それがいつまで続くかなんて
まだ誰も知らない

足もとも見えないぼんやりを
両手で探っていた
その問いかけに応えるのは
いったい誰なんだろうか

きっと君だと信じたいよ

まだ幼い手のひらから
溢れ出る歪な光を

このページの中に
しまい込んでみても
なんだかなぁ

虚しいだけな気がするんだ

この作品URLを含むツイート1

▲TOP