暴走電車

投稿日:2007/12/30 03:25:39 | 文字数:497文字 | 閲覧数:180 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

人生を動く電車にたとえて歌詞にしてみました。

改変と調整は自由にして下さってけっこうです~

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1.
理由なんて知りもせず
僕はここに生れた
その時から僕は動き出す
そう、止まることを知らずに

何故止まらない 何故止まってくれない
それは 動きつづけること=(が)生きている事だから

*ブレーキが壊れた暴走電車!(ぼうそうでんしゃ)
 止まりたいのは山々だけど。
 止まるとき=(それは)僕が死ぬ時
 だからずっと走りつづけるんだ


2.
走り始めてもう数十年(幾年)が過ぎた
いろんな景色をみてきた
いい景色や悪い景色もみんな
僕の心にそっとしまいこむ

何故嫌なことまで? 何故しまいこんでおくの?
それは、僕がまたひとつ強くなるためだからさ!

+アクセル全開の爆走電車!(ばくそうでんしゃ)
 風を切りながら走りすぎて行くけど
 速く走る≠(ことは)すごいこと じゃないから
 時にはゆっくり走ってみようよ


*繰り返し

3.
 長いこと走った暴走電車(ぼうそうでんしゃ)
 とうとう時(がた)がきてしまった…
 ずっと走ることはできない電車
 いつかは止まってしまう運命(さだめ)

そして、いつかまた走る日を夢見て
(その日が来るのをずっと…)ずっと待ちつづけている

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP