もやもや

投稿日:2014/01/11 08:09:10 | 文字数:449文字 | 閲覧数:378 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

もやもやの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寝心地のいいソファーから目覚めた
不意に気づいてしまった
冷めない夢はないな

周りの人が起用なだけと思い込んで
自分に鎖をつけた
不器用な生き方だ

見果てぬ未来に辿り着く近道を
探しまわって挙げ句疲れ果て
座り込んだ

もやもやは遠ざけて拒む程に
大きく膨らみ出した
まるで僕をあざ笑ってら
嗚呼消えてくれ涙で滲む夕焼け
夏陽炎のメタファー
夏じゃないのに
影がまた少し長くなる

飲みかけの缶ビールが床に落ちる
それと似たような
馬鹿な毎日だ

もう嫌だよと諦めたはずなのに
眉を顰めて汗だくで足掻いてる
心(ここ)にいるのは誰だ?

もやもやを切り取って並べたら
まるで駄目なコラージュだ
けれどなんとなく
愛おしかった
嗚呼描いてたそれとはまるで別物だ
一欠片も重ならない
いつしか僕の形になり
ぼんやりと解った

もやもやが今の僕の足元を
僅かに照らす灯火
存在証明の様なもんだな
まいったなぁ
人して賢い訳ではないが
今は取り敢えず進もう
道は見えなくとも
一歩前へ
果てのない旅路へ

こんにちわイッキ門といいます。



なにかあればお気軽にお声かけてください。

thetoys2008@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP