Espiazione_歌詞

投稿日:2017/09/29 14:13:27 | 文字数:611文字 | 閲覧数:11,684 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ニコニコ動画に投稿した初音ミクオリジナル曲「Espiazione」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Espiazione


森を通り過ぎた風、向けられた刃の先
歪に悲しく笑うかつての貴女

叫んだ声と涙に似てた、届かない想いはこの手から消え
閃を描く弧は命を掛けた貴女が望んだ結末?
終わらない御伽と、寂れた世界は
まるで総譜が記す未来のように
深い闇に溶けてしまう狭間で

詠おう、もう一度
幾重の音は誰かのココロを、きっと救えたのだから
悪夢がその声を貫く前に
変わり果てた私をどうか、許してくれ
零れ落ちた私の手に残るのは
共に生きたという過去
朧げに思い出した歌と
世界を変えようとしたその声

人になろうとした想い
人を越えようとした報いは
繋ぎ目だらけの音で彩られてく

初めて紡いだ不安定すぎた音でも愛したいと思ってた
揺蕩う意識触れた気がした、まるで母のような欠片
溺れゆく最中、離した両手は
まるでウィザリアの悪夢のように
続きを書くことを忘れていった

「詠おう、何度でも」
そう願う声は、耳を塞ぎ続けた私への咎に
貴女が振り下ろす哀しい歌で
もし続きを書くことが許されるなら
泣くことなど出来ない貴女と共に
誰かを救えるなら
御伽のような深い闇の中
離した手にもう一度だけ

詠おう、もう一度
幾重の音は誰かのココロをきっと救えたのだから
悪夢がその声を貫く前に
変わり果てた私をどうか、許してくれ
零れ落ちた私の手に残るのは
共に生きたという過去
朧げに思い出した歌と
世界を変えようとしたその声

ボカロ曲とか投稿してました。
再開したいなー

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りさせていただきました。

    2020/03/27 20:17:12 From  dusk_Kanon

  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました。

    2018/04/24 18:25:04 From  sume_red

もっと見る

▲TOP