【小説】モーニングコール【後編】

投稿日:2010/10/13 03:08:04 | 文字数:1,002文字 | 閲覧数:2,633 | カテゴリ:小説 | 全4バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

おまけ。





「で?ヤッた?」

身も蓋も無い神威の問いかけに、俺は飲んでいたコーヒーを盛大に噴き出した。
きったねぇな、と苦い顔をする奴に、誰のせいだ!と咳き込みながら突っ込む。

「だって普通ヤる空気だろうよ、それは」
「……」
「なぁ、どうだったの?なぁなぁ」
「……」

ぐいぐい、と服を引っ張る神威をシカトするようにそっぽを向き、俺は残りのコーヒーを飲み干した。

結論から言えば、俺たちはまだヤっ…結ばれてはいない。
正直に言えば、あのまま彼女をベッドへと誘うことは出来た。
顔を赤くした彼女が恐る恐る俺の胸の中に納まり、鼻先には彼女の髪の香り。
いい匂い、と言うと、カイト君も、と彼女が答えて、俺たちはふふ、とくすぐったい気持ちで笑いあった。

幾度目かのキスを交わして、ぎゅ、と彼女を抱きしめて。

――そして、俺たちはそのまま幸せな眠りに落ちた。

考えてみれば、お互いに仕事やら何やらで寝不足だったので、仕方のない話だ。
体こそ結ばれはしなかったが、目覚めた時に彼女が目の前にいて、なんだかやたら幸せだった。



それに、彼女は今日またうちに泊まる。
…だから、焦ることはないのだ。そう思うと、一人ニヤケてしまう。



そういえば、ルカは彼女が俺に会いに来ようとしているのを知っていたらしい。
だからあんな風に発破かけたんじゃない、と得意げに笑ったのを見て、恐れ入りました、と俺は頭を下げた。

久しぶりの彼女との再会に、ルカは大喜びの様子だ。
彼女が部室に来てから2時間、メイコさんメイコさんとべったりと彼女についている。
今も彼女に付き合って、自販機へとお供しているところだ。


「カイトー」
部室の窓の外からルカの声がする。何事かと神威と窓を覗くと、ルカと彼女が大きく手を振っていた。
「なにー?」
「今日夜メイコさん借りるー」
「えっ」
「女子会しよって話になってねー、皆に声掛けてみたら意外と集まれるみたいでー」
「えっ…今夜?」
「そうー、悪いけどメイコさん連れてくよー」
「え、えー…」
戸惑っていると、彼女がぺこんと頭を下げた。
「カイト君ごめんね、夜に戻るからー」
「あ、はい、全然平気です…」


今回俺に拒否権はない。
肩を落とすと、神威がぽんと俺の肩を叩いた。


「まぁなんていうか、ドンマイ。っつーか、色々とドンマイ」
「…。…お構いなく…」

駄文を書いては自己満足しています。
一応小説。たまになりそこないのポエム。
全くの自己流ですので、読みにくいところも多々あるかと…


年長組が好きです。全力でカイメイ支援。
っていうかカイメイ小説しか書いてませんのでご注意ください。


めーちゃん可愛いよめーちゃん。
めーちゃんが皆から愛されてれば幸せ。
めーちゃん中心に家族は回っていると信じてやみません。
めーちゃんハァハァ

美麗イラストを見てぴぎゃぁぁぁぁすると勝手に小話を作ることがあります。
ご注意ください。


タグやブクマ、メッセージありがとうございます…!(`;ω;´)ブワッ
カイメイ好きさんの優しさは世界一や


プロフ画像の可愛すぎるめーちゃんは青菜しゃーぷ様よりお借りしました!


[ブログサイト]
http://saltcabbage0919.blog.fc2.com/

[pixiv]カイメイ以外もあり。ピアプロの方がカイメイ作品多いです
http://www.pixiv.net/member.php?id=1040966

[twitter]たいしたこと呟きません
http://twitter.com/kyonturbo



※11/19発行の小説本3点、おかげさまで完売しました…!お買い上げくださった方々に最大の敬愛を!!

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして。kumoです。
    カイメイもぽルカも大好きですっ!
    カイメイの初々しさとぽルカの夫婦具合最高です!

    2010/10/26 23:17:35 From  kumo

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >kumo様
    はじめまして!メッセージありがとうございます!!
    ぽルカいいですよね!ヘタレカイト君を動かすには、この熟年夫婦の力が必要でしたww
    きっと4人でダブルデートとかしたんだろうなぁという妄想…なんという自家発電
    またお時間ありましたら遊びに来てやってください☆

    2010/10/28 14:09:50 キョン子

  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは!!
    読んでいてとってもドキドキしました~
    やばいですよぅ・・・
    カイトのへたれ具合がww
    わたしも人のこと言えないタイプなんですけどね・・・
    片思いは年単位ですw
    なんか文章だけなのにキョン子さんちのめーちゃんはかわいさがものすごく伝わってきます!
    愛でしょうか・・・?

    そういえばですね、なぜかフラ~っとキョン子さんの小説を読みにくると必ず新しいのがうpされてる日なのですよ~←説明下手
    以心伝心・・・?!((

    2010/10/13 21:23:48 From  かりん

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >sunny_m様
    コメントありがとうございます!
    前から読んでいただけていたとは…光栄です(´;ω;`)
    私も書きながらカイトのへたれぶりにもどかしさを感じておりましたww
    やたらがくルカが出てくるのはカイト君へのお説教してほしかったからですw
    きっと夜は女子会で、帰って来ためーちゃんはすぐ寝てしまうんでしょうね、頑張れカイト!

    ありがとうございました、また読んでやってください☆

    >かりん様
    度々のお越しありがとうございます?☆
    ヘタレで純な兄さんを書こう!と心に決めたはいいものの、ヘタレになりすぎてどうしようかと思いましたwwこんなのが身近にいたら蹴っ飛ばしたくなるww
    このシリーズのめーちゃはん「可愛いお姉さん」を目指して書いいるので、嬉しいですv
    めーちゃんへの愛はいつだって垂れ流しですけどね!(`・ω・´)キリッ

    あらあらそうなんですか?以心伝心ですね…!
    新作を上げる時は、またかりん様に伝わりますようにv

    2010/10/14 21:27:53 キョン子

  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして。sunny_mといいます。
    キョン子さんの作品は、こっそり以前から読んでいたのですが、耐えきれなくなったのでコメントします。

    カイト君のヘタレ具合は自分も身に覚えがあるので、なんとなくわかるのですが。
    だけど遠距離恋愛でほとんど会えなくて忙しくて関係も持っていなかったら、そりゃあ不安になるだろうよ!お互い!!
    と、カイト君を正座させて小一時間ほど説教したい気分になりました(笑)

    そんなカイト君に対してメイコさんが可愛らしくてたまりません!!
    なにこの可愛い子!!カイトなんかに渡したくないんだけど!!
    なんか、ルカさんが女子会を開きたくなる気持ちが分かります(笑)

    なんだか長くて変なコメント失礼します。それでは。

    2010/10/13 10:32:01 From  sunny_m

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >sunny_m様
    コメントありがとうございます!
    前から読んでいただけていたとは…光栄です(´;ω;`)
    私も書きながらカイトのへたれぶりにもどかしさを感じておりましたww
    やたらがくルカが出てくるのはカイト君へのお説教してほしかったからですw
    きっと夜は女子会で、帰って来ためーちゃんはすぐ寝てしまうんでしょうね、頑張れカイト!

    ありがとうございました、また読んでやってください☆

    >かりん様
    度々のお越しありがとうございます?☆
    ヘタレで純な兄さんを書こう!と心に決めたはいいものの、ヘタレになりすぎてどうしようかと思いましたwwこんなのが身近にいたら蹴っ飛ばしたくなるww
    このシリーズのめーちゃはん「可愛いお姉さん」を目指して書いいるので、嬉しいですv
    めーちゃんへの愛はいつだって垂れ流しですけどね!(`・ω・´)キリッ

    あらあらそうなんですか?以心伝心ですね…!
    新作を上げる時は、またかりん様に伝わりますようにv

    2010/10/14 21:27:53 キョン子

もっと見る

▲TOP