茜消える前に 未

投稿日:2022/05/15 13:28:53 | 文字数:1,041文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

かぎしっぽさまの「【初音ミク】明日のことを話そうか」への応募歌詞です。
テーマは「夕方」です。私は夕方結構好きです。ということは置いといて…是非、楽しんでってください!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

赤く染まる街が僕は嫌いだ
きっかけは君のせいとはいえないけど
いつもより遅い帰り道
背負うランドセルと体躯が合わなくて

君との距離少しずつ空き
ねえ待って届いてほしくて

君の茜色の頬が一段と濃くなる時
小さな影が伸びていく
分かりきったことなのに目を逸らしてしまって
また君を見失う見失うんだ

久しぶりの雨模様だね
君に内緒だけどこの灰色が好き

アスファルトうつ雫が
君をそっと呼び止めるんだ

何も知らない君は傘持たない僕を責めない
今日だけ夜は来ないで欲しくて
降りやまぬ雨 ただ流れる願い
消えない 君はそう言ったはずなのに

藍に取り残された僕らは現を恐れるんだ
迫る茜 君を焦がし

雲の背後で見え隠れする夕日 君がまた
見えなくなってしまう気がして
斜陽に透ける君の掌 ぎゅっと握って
飛び出す 夕の彼方へと彼方へと

僕らのタイムリミット 夕方5時の止まぬ時報
驚く君を連れて 僕は
1つ気づいた 僕の心 赤く染まって
僕らは夕に溶けていく溶けていく


あかくそまる まちが ぼくは きーらいだ
きっかけ はきみ のせい とはいえないけど
いつも よりお そいかー えりみち
せおう ランド セルと たいくがあわなくて

きみ とのきょり すこしずつ あき
ねえ まって とどいてほしくて

きみの あかねいろのほほ がいちだんと こくなるとき
ちいさな かげがのびて いく
わかりきったこと なのにめをそ らしてしまって
またきみ をみう しなうみう しなうんだ

ひさし ぶりの あめも ようだね
きみに ないしょ だけど このはいいろがすき

あす ふぁると うつしずく が
きみ をそっと よびとめるんだ

なにもし らないきみは かさもたない ぼくをせめない
きょうだけ よるはこないで ほしくて
ふりやまぬあめ ただながれゆく ねがい
きえない きみは そういった はずなのに

あいに とりのこされた ぼくらは うつつをおそれるんだ
せまる あかね きみをこがし あー

くものは いごでみえかく れするゆうひ
きみがまた
みえなく なってしまうき がして
しゃようにすける きみのてのひら ぎゅっとにぎって
とびだす ゆうの かなたへと かなたへと
はるかとおく

ぼくらの たいむりみっと ゆうがたごじの 
やまぬじほう
おどろく きみをつれて ぼくは
ひとつきづいた ぼくのこころ あかくそまって
ぼくらは ゆうに とけていく とけていく

歌詞書きます。小説もしばしば。
毎月2、3曲のペースで書こうと思います。
まだまだ身の回りのことが終わっていないので多少の失速があると思いますが、出来る範囲で頑張ります。いろいろなジャンルの曲に挑戦していきたいです。
ご協力頂ける方がいれば、よろしくお願いします。

未 がついてる歌詞は使用されなかったものと曲先募集のものです。ご自由に使っていただいて構いません。その際はご連絡を頂けたら幸いです。何か、ご要望がありましたらいつでも受け付けています。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP