【曲募集】押し込めし、焦月の君

投稿日:2016/06/23 19:10:38 | 文字数:437文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

あの夏、私だけの君への想い
宮中で起きた密かな恋話。

夏の平安

空蝉:この世、蝉の抜け殻
空の峰:入道雲
霹靂く:激しく鳴り響く
紗:夏用の着物に使われる織物
雨湿:雨のために湿り気を帯びること
焦月:旧暦の6月、現在の6月下旬から8月上旬
朝顔の花言葉:儚い恋
(額)紫陽花の花言葉:謙虚

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
流れゆく夢 音立てる寄木細工
転がり落ちて 朝顔が今、咲く

B1
あの暁(あかとき)の昇るように
空蝉が朱く沁みてゆく
青い御空に漂うは
君の空の峰

S1
静かな闇夜に霹靂(はたた)くかのよう
私の胸に燻(くすぶ)る刹那
瞳の奥に映っては消える
紗(うすぎぬ)


A2
御簾の裏側 艶やかなる淡い影
留まる風に私は素足さらす

B2
あの黄昏の沈むように
永久(とこしえ)が藍に染まりゆく
潔く紫陽花は溶けて
蒸し暑い雨湿(あまじめり)

S2
恋し焦がれ続けた柔肌と
遠くへ逃げる水溜まりから
手のひらに伝う幼き日はまた
舞い戻る


C
もどかしくて切ない
君の隠す、声も
君の見せる、その卯の花も
全てが

LS
肩の上で揺れている木漏れ日
もう戻らない彼の日の
おもひで
あゝ蝉時雨が降りしきる
焦月の日の暑い季節(とき)
蘇る愛おしい記憶は
そっと心の片隅に閉じ込めておけば…

ツイッター始めました@ramillllin

【曲募集】の歌詞、よければ拾ってやってください。※作曲前に必ずメッセお願いします。

お手伝いさせて頂いた曲↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/43562888

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP