【朝】~南国在住、定年を迎えた63歳独身爺 相田諒介の気まぐれ話~

投稿日:2019/01/08 00:53:41 | 文字数:165文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

おはよう。おやすみ。朝。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「おやすみ」とだけ言って、お前は家を出る。

ここから壁掛け時計が見える。

朝の日差しのせいで、少し見づらいが、今は朝の7時15分。

大抵の人間にとっての1日の始まり。

だが、私にとっては1日の終わり。

「おはよう」とだけ言って、また目を瞑る。


~南国在住、定年を迎えた63歳独身爺 相田諒介の気まぐれ話~

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP