玩具屋カイくんの販売日誌(212) 上海屋の午後のひととき

投稿日:2013/10/14 02:09:39 | 文字数:1,268文字 | 閲覧数:94 | カテゴリ:小説

ライセンス:

はからずも、りりィさんの推理、つんでれのマスターの言葉と、通じる所があるような気もします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ゆくりさんのお店「ゆっくり」に、駿河ちゃんが遊びに来てから、ちょうど一週間後。

あの日は、お客のりりィさんや店員のレンくんを相手に、駿河ちゃんがいろんなおしゃべりをしていった。

今日は、ゆくりさんが逆に、お客として、りりィさんのお店「上海屋」に来ている。

お茶が飲めるちょっとしたコーナーで、ゆくりさんのカップにルコ坊がコーヒーを注いだ。
「いつも、美味しいよね。ルコちゃんのコーヒー」。
そういうと、彼女はカップを口に運んだ。

昼下がりのひと時。
店内ではさっきまで、おしゃべりなカップルが楽しそうに、雑貨を見て回っていた。

そのお客も少し前、買い物を済ませて出て行ったところだ。


●テト・ドールを扱うことにしたの

「そうそう。結局、うちでは“テト・ドール”をメインに仕入れて、販売することにしたの」
カウンターで、レシート紙をレジに補充しながら、りりィさんがゆくりさんに向かって言った。

「あらー、そうなのー。 “はっちゅーね”とどちらにしようか、迷ってたものねー」
ゆくりさんは、カップを皿に置いてうなずく。

「そうなのよ。不思議な人形とか、噂はあったけれど。こないだ、駿河ちゃんの話を聞いたでしょう?」
りりィさんは、カウンターの上で手のひらを組む。

「ああ、“はっちゅーね”に、おしゃべりするように細工するって話ねー」
ゆくりさんも、テーブルの上に手を置いた。

りりィさんは、うなずいた。
「そう。“不思議じゃない人形”では、あまり、魅力がないでしょう」

「そうねー。不思議な人形なんで、実際にあるわけないですよねー。ルコちゃん、おかわりいただいていいかなー?」
ゆくりさんは、コーヒーカップを指さして、そばにいたルコ坊に頼んだ。

「はいはーい」
お店を手伝っているルコ坊は、いそいそとカウンターの奥のキッチンへ入っていく。


●“人形に関わるのはイヤだよ”

りりィさんは話を続けた。
「そうね。でもね、おととい、霧雨さんに会ったのよ」
「あら、彼女にー?」

「ええ。そしたら、変なこと言ってたのよ」
「変なこと?」
「うん。彼女、“あたし、もう当分、人形に関わるのは、イヤだなー”…ですって」
ゆくりさんの問いに、りりィさんは、霧雨さんの口真似をしてみせた。

「ありゃま。それは、また、どうしたのかしらー?」
りりィさんは、説明した。
「なんでも、今度はテトさんの“テト・ドール”が、不思議を起こしそうだ、なんていうの」


ゆくりさんは、妙な顔をした。
「あら、霧雨さんは、“はっちゅーね”に細工して、不思議を作り出してた本人でしょ。“不思議な人形”って噂は、作り話だって、一番、知ってるはずでしょ?」

「そうなのよね。でもね、これは私が、なんとなく思うことだけど」
りりィさんは、ちょっと声を低めて言った。

「仕掛け作りをする以外に、何かほかにもっと、不思議の“元”があるような気がするんだなぁ。“はっちゅーね”にしろ、こんどの“テト・ドール”にしろ、ね」(。_。).。o0O??

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は!

    う~む。確かに”不思議”には、仕掛けや元がありますからね。人形そのものに霊体とか、そういうオカルトは、やはりありませんから。まぁ人形+霊体のこわーい話は、和洋問わずありますけどね。というか洋の人形恐怖話はちょっと苦手…

    さてさて、仕掛けと元とは何か? 楽しみです!

    ではでは~♪

    P.S 今日は麻婆豆腐を美味しく作れて、とってもハッピーでした♪ でも、余ったブドウで作ろうとした”ぶどうジャム”は…失敗しました。飴になりました。

    2013/10/16 23:54:18 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、メッセージ有難うございます!

    >う?む。確かに”不思議”には、仕掛けや元がありますからね。人形そのものに霊体とか、そういうオカルトは、やはりありませんから。まぁ人形+霊体のこわーい話は、和洋問わずありますけどね。というか洋の人形恐怖話はちょっと苦手…

    人形というのは不思議なものですが、和と洋では、私は和の人形怪談は苦手です。
    ただ、辻村ジュサブローさんの人形は、好みですけど。
    人形と霊。人形を依代(よりしろ)として考えると、合うでしょうか。


    >さてさて、仕掛けと元とは何か? 楽しみです!

    ええ、人形そのものに霊体が宿る、というより、攻殻機動隊みたいな電脳(古い?)的な生命体とか、そんな連想が最近は多いようですね。


    > P.S 今日は麻婆豆腐を美味しく作れて、とってもハッピーでした♪ でも、余ったブドウで作ろうとした”ぶどうジャム”は…失敗しました。飴になりました。

    あはは、ぶどう飴、でも、美味しそうですけど。料理が上手そうで羨ましいです。添加物もないし、やはり手作りは一番ですね。

    また感想を聞かせてください!
    それでは、また。

    2013/10/20 20:42:35 tamaonion

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP