うんこの唄

投稿日:2011/05/24 02:12:03 | 文字数:352文字 | 閲覧数:74 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

むしゃくしゃしてやった。水に流してください、うんこだけに。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

貴方に必要とされていた
そんな時もあったな なんて
曲がりくねった迷路の壁に
寄り掛かって 感傷 ため息

枯れ果てた 分かってる
もう君の好きな僕じゃない
少しの長所と引き換えに
貴方の愛を貪ってた

残り糟の僕に見えた希望
暗闇のなか見えた光
ねえ あの扉の先では
また笑顔の貴方に会えるのかな


変わり果てた醜い姿
出会っても気づいて貰えないな
貴方の記憶の中の僕は
今どんな風に 見えていますか?

誰もいない 洞窟で
壁伝いに歩くように
見えない世界でただ ただ
貴方の影を探してた

持てる力を振り絞って
扉をこじ開けて光の方へ
ねえ どんな未来が待ってるのかな?
そこに貴方はいるのかな?


貴方に必要とされていた
そんな時が懐かしくて
曲がりくねった迷路の先で
遠い貴方をただ想った

▲TOP