dear, sugar

投稿日:2009/08/02 12:50:55 | 文字数:448文字 | 閲覧数:988 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

http://piapro.jp/content/l7v0i8y8a4a7zjgp

爽やかですっきり、それでいてほんの少し切ないような凄い曲の為に。


-----
0808追記

タイトルが替わりました。
修正も少々。
アドバイス助かりました、本当にありがとうございます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

例えば
今僕が その手取っても
君を幸せにできるのかな

思えば
いつか来てしまう終わりを
考えもしてなかった僕は

君のこと待ってる
白いカップと
磨いたテーブル
おかえりを言いたくて

角砂糖
オレンジ色の花びら
君の涙をひとつ
僕の目の中で
なんてきれいなマーブル

手を伸ばしたら触(さわ)れる
けれど慰めないよ
君はただ夢を見ている


例えば
どんな風に笑うかとか
コーヒー片手に
想ってみたり

あと少しで聞こえる
君の靴音
切ない横顔
待っている 君だけの

角砂糖
オレンジ色の花びら
やさしいだけの音楽
少しでもどうか
君が笑えますように

この手で触れてみたいよ
笑ってくれない君に
僕もただ夢を見ている


泣きはらした顔で飲む
まだ熱いコーヒー
君には苦すぎるかな
四つ目
落ちてく角砂糖

苦いだけのコーヒーと
笑ってくれない君が
僕の目の中で
なんてきれいなマーブル


手を伸ばしたら触(さわ)れる
慰めはいらないね
君はただ夢を見ている

僕がただ夢を見ている

(プロフィールはありません)

作品へのコメント14

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ynさんの歌詞に一票入れます。 はじめまして、cheppと申します。

    ○「例えば~かな」という掴みが粋です。そうだなぁ、どうかな~って自分も同調しそうになります。
    ○舞台設定の規模(喫茶店の窓際の席みたいなものを想像しました)と曲調が合っていると思いました。
    ○使っている漢字の密度(肩のこらない軽さ)が良く、ひらがなとの割合もすっきりしていてとても見やすく、さわやかな曲調にも合っています。

    ?ただ私が残念脳なので、この歌詞が実際どのような状態を描いているのかわかりませんでした。
     辛いのか、悲しいのか、幸せの直前なのか…この先の「苦い季節」とは何なのか?
    ?タイトルがちょっとしっくりしなかったです(実際の和訳より音楽ジャンルのトランスが先に思い出されて)。

    どちらの歌詞にもオレンジ色が入ってますね。製作過程を見ておらず詳細は知らないのですが、入れる条件だったのでしょうか?? 勝手な事を書き連ねてごめんなさい。

    2009/07/26 02:10:14 From  chepp (ちぇっぷ)

  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして、夕澄と申します。
    こちらに投票しようと思っていたのですが、多忙で先送りにしてたら〆切、
    がっかりしていたら延長されたので、慌ててきました。こちらに一票。
    一見合わなそうな悲しい歌詞が見事マッチしていて、とても気持ちいいと思います。
    自分には書けない歌詞で、とても勉強になりました。
    ほかの方もおっしゃっていますが、採用されたらぜひ修正を加えてみてください。
    さらに素敵になると思います。

    2009/07/24 20:10:45 From  夕澄

  • userIcon

    ご意見・感想

    初めまして、投票に来ました
    「君(僕)もただ夢を見ている」の部分がとても好きです♪
    自分は歌詞に関してはあまり詳しくはないんですが全体的にも纏まっていていいと思います。
    何か短くて申し訳ないですが;、ynさんに1票入れさせていただきます☆

    2009/07/22 20:07:44 From  Loro

  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして。ガブさんの件で投票にきましたー。

    一つ一つの単語や内容は、あちらの歌詞の方が(爽やかポップス)というイメージに合ってると思いましたが、
    全体的な言葉のまとまりはynさんの方がいい印象を受けました。
    少し文字数を修正すれば、こちらの方が完成された作品になるのではと思います。

    ・・・迷いましたが(´・ω・`)
    marble trance に一票です。

    2009/07/20 14:39:51 From  ふたみん

もっとみる(14)
▲TOP