˙ᵕ˙落書き

投稿日:2022/05/23 18:46:48 | 文字数:908文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

子供の頃の1人の少女の生き様を、
夢みたく時に、残酷で綺麗な幻想を
描いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

˙ᵕ˙落書き

大丈夫/そう言って/すぐに
咲いて散った/モクレン一片

猫の首輪を/花瓶に
押し込んで/走った先に

壁に/落書き/スマイル
マークの/絵画1つ

顔に/つけた/水色/コラージュ
幾層に/重ねた/嘘3つ

ママは/私との/境界線/引いて
パパは/ギブソン/音色/響いて

ベッド/寝転び/窓から鳴るは
バイ/ク/バイ/クのブレーキ音

鼻に/残った/カモミール
猫は/喉を使い/稲光(イナビカリ)(にゃー)

私情を/カンパーニュに/挟み込み
苦情を/ケースに5本/6本詰め込んで

痛いな/痛い/すっごく甘い
蜂の蜜/吸い込んで

親爪/子爪の/じゃれ合い/私達/トバヲヒ

足に/付けた/延長線上のレールに/置き石
臨済/宗の/詩人は/屏風の虎/と睨めっこ

絆された/この上無い/エレベーター
買った/オーバー/コートの埃/払って

絵空事の/やうに
入り混じった/私のお部屋

丹赤(タンセキ)/頭巾被った/少女
腹に/詰めた/矼(トビイシ)
獣は/泣き/喚き散らして

私の/手には
最初に詰めた/愛猫の/首輪だけ

ここに落書き/泣き顔/マークのひとつ

二度と見れない/今は/2人の亡き顔
だけが/黒目に移る

私の目/から汲んだ/水は溢れ/溢れ
気付けば/流涙症(リュウルイショウ)

きっと/私に/とって/見えて/はいけない
何かが/そこにはあった

なんだろうね/でも/覚えてないや

口角/上げた/感情だっけ
口角/下げた/感情だっけ

それすら/覚えてや/しないなんて
ドジを/足で/綺麗に踏んだって

パパの/顔に泥を/塗ったって
ママと/一緒におままごと/って

そんな/記憶でさえも
私に/とっては/齧り/欠けた
ひとつの食事と月/みたいだ

そんな/1口目を/頬張って
頑張って/啜った分だけ
私の/歯に舌に/手に入る

ちょっとで/いいから
少しで/いいから
味わって/みたかったんだ

口で/転がして/舌で/転がして
飴/玉/みたいな/私の/心/みたいな

こんな/雰囲気を
沢山/空元気みたく/吸い込んだんだ

パパ/ママ/見て!
足して/出来た/˙ᵕ˙落書き

「ポテといもとP」として活動しています。

興味を持って下さった方
本当にありがとうございます!

作詞・作曲制作してます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP