サヨナラ冬の日

投稿日:2020/11/06 12:35:37 | 文字数:612文字 | 閲覧数:1,588 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

COBA_x5884xさんへの応募【落選】作品です。

投稿ページ

https://piapro.jp/t/zrbT

楽曲ページ

https://piapro.jp/html5_player_popup/?id=5wbva0goehe0fkr8&cdate=20201027230456&p=0


一つ一つの思い出は雪の粒の様に触れては溶けてしまう儚く悲しい物ですが、降り積もり重ねた時間が長ければ長いほど溶けずに残ってしまう、そんなことをイメージしながら書いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

別れの涙が
雪と混ざり
降り積もってく

ただ眺めている
一人きりで
君と重ねた
左の手を

色褪せては消えてくよ
触れては溶ける白い記憶
手を繋いで
笑いあったあの日
サヨナラ 想い出


あともうすこしで
年も変わる
夢を描いた
特別な日

霞むネオンの灯
滲む視界とクリスマスツリー
並んでいた
影が離れてった
サヨナラ 君の手

雪は変わらず
降り続ける

遠くで聞こえる鐘の音
天使が残す羽の形
綺麗すぎて
胸が痛くなった
止まらない まだまだ

色褪せても増えてくよ
心に積もる白い記憶
重ね合ってた
手のひらの熱が
残した 想い出





ひらがなver

わかれのなみだが
ゆきとまざり
ふりつもってく


ただながめている
ひとりきりで
きみとかさねた
ひだりのてを

いろあせてはきえてくよ
ふれてはとけるしろいきおく
てをつないで
わらいあったあのひ
さよなら おもいで


あともうすこしで
としもかわる
ゆめをえがいた
とくべつなひ

かすむネオンのともしび
にじむしかいとクリスマスツリー
ならんでいた
かげがはなれてった
さよなら きみのて

ゆきはかわらず
ふりつづける

とおくできこえるかねのね
てんしがのこすはねのかたち
きれいすぎて
むねがいたくなった
とまらない まだまだ

いろあせてもふえてくよ
こころにつもるしろいきおく
かさねあってた
てのひらのねつが
のこした おもいで

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。
応募はするけど、書いた段階で満足しているので結果はあまり気にしない。
自己満足的に活動してますが、
どうぞよろしくお願い致します。
2021年、piapro歴2歳になりました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP