ラビットフォーエバ 歌詞

投稿日:2022/06/26 00:07:13 | 文字数:159文字 | 閲覧数:11 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜の森の奥に佇む王女
湿った切り株に腰かけて
瞳の水が地に浸り
ぬいぐるみを抱え言葉を紡ぐ

王女「周りに咎められる」
兎のぬいぐるみ「味方で居てあげる」
王女「想いを聴いて欲しい」
兎のぬいぐるみ「受け止める」

雄弁に語りだす悲愴な物語
心の重りは言葉となり
囚われていた枠の外へ飛び出す
結末にて物にする数多の詩

音楽を作ります。

Twitter: @sgymug
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCrFetnSnBmTQiZAHpqaZjEQ

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP