逆さまの自由 【作曲募集】

投稿日:2017/02/01 13:56:22 | 文字数:922文字 | 閲覧数:39 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

いつしか自分より弱いものを見つけて安堵する、そんな生き方になっていた。
蹴落とされることが怖くてそうされない為に蹴落とそうとする、それが当たり前になっていたから。ふと見上げれば空はあんなにまぶしく輝いていて周りを見れば薄黒く汚れていることに気付いた。自身の体もそうだった。
輝く強い人に憧れていた、そうなりたかったことを思い出した。
輝き方も強さの意味を知らないままだった。誰にも教わらなかったから。

夜空には月も星も輝き続けていた。真っ暗の中強く強く輝いていた。
届くほど近くに行けばその輝きを僕にも分けてもらえないかな、
届くほど近くに行けばあの輝きの仲間になれるかな。


生きるために汚れていった少年。
たった独りの短いお話。


そんな歌。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Aメロ
憧れは見上げるばかりで とても手の届かないものだ
知らない、気付かないふりして 見下すもの探している
いつだって視線が見つめるのは地面だけだった


Bメロ
電波塔は高いんだっけ
そこなら全部、僕にも見下ろせるかな

S1
明滅するランプ 雑音、雑踏
今、僕の見上げる先に満天の夜空
全てが眼下に ああ、愉快痛快
満点だ、満足だ、 ・・・もういいか。


Cメロ
戻れる場所なんて存在しない、いらない
籠の鳥なんてまっぴらだ
このまま自由に空を飛んでしまおうか

S2
逆さまに見上げる 煌めく喧騒
そこにある景色に愕然とする
手にしたはずなんて・・・所詮、幻想
飛べない僕に

S1
明滅するランプ 雑音、雑踏
今、誰もが見下ろす先に僕の赤い花
手にしたものなんてあるはずないだろう
何もないんだよ

S1
明滅するランプ 雑音、雑踏
今、僕が見上げる世界は満天の星
全てが目の前に もういいよ
逆さまの自由に

さようなら



ひらがな
Aメロ
あこがれはみあげるばかりで とてもてのとどかないものだ
しらない、きづかないふりして みくだすものさがしている
いつだってしせんがみつめるのはじめんだけだった


Bメロ
でんぱとうはたかいんだっけ
そこならぜんぶ、ぼくにもみおろせるかな

S1
めいめつするらんぷ ざつおん、ざっとう
いま、ぼくのみあげるさきにまんてんのよぞら
すべてががんかに ああ、ゆかいつうかい
まんてんだ、まんぞくだ、 ・・・もういいか。


Cメロ
もどれるばしょなんてそんざいしない、いらない
かごのとりなんてまっぴらだ
このままじゆうにそらをとんでしまおうか

S2
さかさまにみあげる きらめくけんそう
そこにあるけしきにがくぜんとする
てにしたはずなんて・・・しょせん、げんそう
とべないぼくに

S1
めいめつするらんぷ ざつおん、ざっとう
いま、だれもがみおろすぼくのあかいはな
てにしたものなんてあるはずないだろう
なにもないんだよ

S1
めいめつするらんぷ ざつおん、ざっとう
いま、ぼくがみあげるせかいはまんてんのほし
すべてがめのまえに もういいよ
さかさまのじゆうに

さようなら

ボカロアカペラですが動画投稿もしてはいます。(申し訳程度)

メロディが付いている作品は私の作詞方法によるものであり、作詞部分のみでイントロや間奏など全体のメロディー譜はございません。
あくまで歌っている部分はこんなイメージで作詞しましたというものです。

わがままですが、それに沿った作編曲をしていただけると幸いです。

楽器全般壊滅、歌好き(音痴)、作曲どうにかしてくれーっ!!
ということで作曲をしていただける方はもちろん共同で歌詞を考えてみたいなんて人も歓迎します。お気軽にお声をかけてください、お願いいたしやす。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP