欠陥品の手で触れ合って 日常編 『Orecchio Gatto』

投稿日:2009/06/01 02:23:36 | 文字数:1,396文字 | 閲覧数:353 | カテゴリ:小説

ライセンス:

欠陥品の手で触れ合って・日常編『Orecchio Gatto(オレッキョ・ガット)』をお送りいたしました。
副題は『猫耳』です。
純然たる、ギャグです。
三等身の猫耳帯人をお楽しみください。

それでは、ここまで読んで下さりありがとうございました。
次回も、お付き合いいただけると幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕のメンテナンスについてきた凛歌が、ある一点をじーっと、きらきらした視線をただ一点に送っている。
白髪赤目のボーカロイド、その頭の上。
ふわふわした、兎の耳に。
視線に気づいたのか、クロックがひょいと身を屈める。
凛歌が、ふらふらとクロックに・・・正確には、その兎耳に吸い寄せられていく。

「・・・・・・・・・凛歌。」

自分でも薄ら寒いくらいの声が出た。
はっと我に返る凛歌。

「ごめん。」

即座に謝る凛歌。
この前のゲーム騒動で、心底懲りたらしかった。

「おい帯人、メンテ始めるぞ。」

叔父さんに呼ばれ、工房の奥に足を踏み入れる。
凛歌はまだ、クロックの耳に視線を注いでいた。

「ねぇ、叔父さん。」

メンテのためのコードを身体に繋ぎながら、切り出す。

「凛歌って、動物の耳が好きなの?・・・・・・この前のゲームにも、やたらと獣耳が出てきたし・・・。」

この前の忌々しいゲームにも、兎の耳やら猫の耳やらネズミの耳やら、獣耳がてんこもりだった。
自分の手でしっかりデータ削除して貰って、CD叩き割ってもらったけど。

「んー・・・あいつはなぁ・・・動物の耳が好きというより、動物好きプラス手触りのいいものが好き、なだけだと思うぞ。」

叔父さんが言うのだから、事実なのだろう。
しかし、耳、耳・・・。

「なぁ帯人。」

叔父さんに声をかけられる。

「そんなに言うなら・・・イイ話があるんだが・・・。」


帯人がメンテナンスを受けている間、私はひたすらに誘惑と戦っていた。
ふわふわの、ひょこひょこ揺れる、真っ白な、兎耳の誘惑と。

「ぁぅ・・・。」

だが、そろそろ誘惑が理性に打ち勝ちつつある。
まずい兆候だった。
その時であった。

「凛歌っ!」

やや高めの、子供のような声。
人間の赤ん坊くらいの大きさの何かが工房の奥から飛び出してきて、足元にまとわりついた。
抱き上げてみると、黒い髪に紅い眼、右目に眼帯をしている。

「帯人・・・?」

そう、それは三等身のミニチュア帯人だった。
あぁ、しかし、まだ最大の特徴を挙げていない。
・・・・・・猫耳。
髪と同じ漆黒の、つやつやした柔毛に覆われた、猫の耳が生えている。
腰からは、同じく黒いしっぽが出ていた。

「はぅ・・・。」

そーっと手を伸ばして、耳に触れる。
ふにっ。
ふにふに。

「あぁ・・・っ!」

ふにふにふにふにふにふにふにふに。
ふにふにふにふにふにふにふにふにふにふにふに・・・。

「気に入ってもらえたようで何より。」

叔父さんの声で、はっと我に返る。

「叔父さん、これはいったい・・・?」

「帯人な、前々からメンテで意識失うの嫌がってただろ。」

確かに。
以前、音域拡張で意識を失ってた最中に内緒で作戦会議をしていたのが、余程イヤだったらしい。

「それでも、メンテ中は負荷を減らすために人格プログラムを一回落とさにゃならん。だから、一時的に人格プログラムを移すための予備ボディを製作してたんだが・・・帯人から、獣耳についての相談があってなぁ・・・まぁ、遊びで作ってたブツを予備ボディにくっつけてみた。」

「凛歌、きにいった?」

膝の上で、帯人が小首を傾げる。
物凄く、可愛い。

「・・・・・・勿論。」

余談だが、この日を境に帯人がメンテナンスを嫌がることはなくなった。

日々妄想を文章にしています。

妄想・・・いえ、想像たくましいです。

甘やかされるよりは甘やかしたい人(だと自分では思っている)



(追記)
約一年ぶりに活動再会という名の復活を果たしました。
以前のような更新ペースは守れないかもしれませんが、見捨てないで下さると嬉しいです。
無言で消えて、申し訳ありませんでした。

もっと見る

作品へのコメント9

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    hogawa_511様>
    コメント、ありがとうございます。
    によによしていただけましたか♪

    イラスト、拝見いたしました。
    駄文から、とても素敵なイラストにしてくださり、ありがとうございます。(ぺこり)

    2009/06/04 23:20:32 From  アリス・ブラウ

  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして。
    先日から一気に読ませていただきました。
    女装やら猫やら萌え要素が満載で・・・。によによしっぱなしです。

    三頭身猫耳帯人、描かせていただきました。
    自重しなかったノリで、ですが・・・。
    「使わせてもらいました」か悩んでこちら(感想)で。

    これからも頑張ってくださいね。
    乱文失礼しました。

    2009/06/03 23:16:18 From  hogawa_511

  • userIcon

    その他

    一名様タコ殴りコースにご案内~・・・。
    ボコボコにされても当方は一切の責任を負わない・・・もとい、負えないので、あらかじめご了承下さい。
    それでも宜しければ、どうぞ、もふもふ感をお楽しみ下さいませ♪

    2009/06/03 02:34:16 From  アリス・ブラウ

  • userIcon

    ご意見・感想

    では、そうしますかね(ぇ
    ちょっと行ってきます。
    まぁ・・・ちょっともふもふしたらすぐに殴り倒されるでしょうけど・・・それはそれで良し、です←

    2009/06/02 20:46:22 From  桜宮 小春

もっとみる(9)
▲TOP