さざ波

投稿日:2018/02/18 13:29:15 | 文字数:267文字 | 閲覧数:175 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ぼくの窓から
きみの星が
きみの波から
ぼくの愛が

つながって
ひとつになって
またはなれてゆく

ああぼくらにてるね
ぼくらにすぎて
ぜんぜんちがうんだ
そのことにぼくらは
ずっとまえからすがってる

きみの海から
ぼくの島が
ぼくの春から
きみの夜が

つらなって
ふたつになって
そっと寄り添う

ああきみはちがうね
きみとちがいすぎて
すごくにてるんだ
そのことにぼくらは
ずっとまえからきづいてる

ねえきみのいろに
染まってもいいかな
ぼくのいろは
わりといいものだよ
ぼくのいろは
きみのいろは
だれがきめたんだろうね

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際は、事前にお知らせください。(すでに曲がついている場合があります。)
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

もっと見る

▲TOP