Shigure

投稿日:2009/08/06 01:31:02 | 文字数:206文字 | 閲覧数:116 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

光を夢見る蝉たちは、寂しさ故に地下に犇き、身を寄せ合う。
地上へ出て羽化した蝉は、地下にいた友のことさえ思い出せぬまま。
誰が為でもなく歌い始め、この夢を土に届けて死んでゆく。

死んだ蝉は、二度と揺り籠へ帰れない。
生きる蝉は、故郷を偲ぶことも叶わぬ。

せみのしぐれも、あだなり、あだなり。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

貴方の孵りは夏を告げた
地下の街は華やいでいるかしら?

暇(いとま)無く嗤う蜩(ひぐらし)
また 問いを掻き消していく

翅(はね)を休め
時雨を待つわ
思い出せぬ過去を脱ぎ捨てて

この聲(こえ)は
誰かの為に
子守唄を歌うのでしょう?

陽(ひかり)求める 群れたちも
夢を見ている
知らないうちに
知らないうちに…

灯(ともしび)の もとに戯れる
夢を繋いで
貴方は眠る
孵りはしない

帰りはしない…

現在無期限停止中

※申し訳ありませんが、諸事情により
頂いたコメントにはお返事致しておりません。
コメントはありがたく拝見させていただいてます。
ご了承頂けると幸いです。

◆ Thanks! ◆
Spround(http://www.pontora.com/
お世話になっております。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP