玩具屋カイくんの販売日誌 (279) “はっちゅーね”は、きっと、私たちの味方 

投稿日:2016/06/13 23:16:35 | 文字数:951文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:小説

ライセンス:

不思議なレイムさんの理屈。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

レイムさんと紙魚子さんは、暦君たちと別れて、ニコビレの廊下を歩いていた。

「でも、そのサナギちゃんっていう子、大丈夫かな」
紙魚子さんは、つぶやく。

「うん、大丈夫だよ。ワタシの勘だけど」
横でうなずく、レイムさん。

「いつも、妙な自信があるね。あなたには」
そういって、レイムさんをみつめる。
「うん。その子の居場所までは、わからないけどね。でもね、異界にいるのか、こっちの世界にいるのか、そのくらいは分かる」

異界って、なによ。またこの子の変な空想?
そう思いながらも、あえて紙魚子さんは、彼女の話に来き入っていた。


●神の依り代

「ツクヨミはね、たぶん、異界の王なんだよ」
廊下を歩きながら、もし他の人が聞いたら首をひねるような、会話を続けるレイムさん。

「王って?ツクヨミさんは、まだ子供なんでしょ」
聞き流すつもりが、つい聞き返してしまった。
「うん、でも“神の依り代”ってこともあるからね」
「え?」
「つまり、その子に神が乗り移っている、ってこと」

まあ、いいや。とりあえず、この子の話を聞いていよう。

「それでね、そのツクヨミは、異界からこちらの世界に、干渉してくるってワケ」
「どんな?」

レイムさんは、歩みを止めて、ニヤッと笑った。
「この世界を、支配すること、とかをねらってるのかな?」

面白いこと、言う子だな。
紙魚子さんは何となく興味がわいてきた。


●“はっちゅーね”は、私たちの味方

「それじゃ、支配するために、その神...ツクヨミは、何をするの?」
「うん、魔の使いをよこすのよ。こっちの世界に」
「え?」

レイムさんはふたたび歩き出した。紙魚子さんも続いて歩く。
「魔の使い?って?」
「そう。“はっちゅーね”っていう、魔の使い、よ」

「え?」
思わず、紙魚子さんは目をむいた。
「はっちゅーね、が? 魔の使い、って」
レイムさんはうなずいた。紙魚子さんは、眉をひそめる。
「だって、さっきは、何というか、私たちに味方をして...くれたみたい、だったよ?」

「そうだよ。だから、きっと、裏切者なんだよ」
レイムさんは、片目をつぶって、指を一本立てた。

「“はっちゅーね”は、きっと、私たちの味方。異界の裏切者、なのよ」σ(゜・゜*)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP