残香(ざんこう)

投稿日:2017/10/08 02:07:12 | 文字数:357文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「のこりが」ではなく「ざんこう」と読むのはわざとです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
漏れ出づる香(こう)の薫(かおり)
其(それ)は愛しき唇から吐き出されては
消える間際まで尚 褪せず
指先までも染める程に
此の身に絡んで抱き締める色

1A
焦げ付いて残る跡は
灰の儚き脆さなど知らぬまま
消える間際まで尚 尾を引いて
隅々にまで散り咲いて
此の身を汚して飾り立てる華

1B
隠された場所(むね)にも幾多の証
誓いの数だけ増えていく 声にならぬ声(おもい)

1S
腕(かいな)の中は薄闇に変わり
夜の始まりを知らせながら
紫の狼煙(のろし)は静かに燃え尽きる

1C
浮かされては天(そら)に落ちる
流れ揺られて触れては重なり
壊れる事を恐れもせず
此の身を求める本能の夢

2S
腕(かいな)の中で微睡(まどろみ)に酔い
朝の淋しさを予感しながら
紫の狼煙(のろし)を待たずに口付ける

普段「小説家になろう」に上げた作品の中から、「詩」ではなく「詞」として書いたものをあげていこうと思います。
もし気に入ったものがあれば、曲を作って頂けると嬉しいです。

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/744685

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP