探偵物語・愚

投稿日:2012/03/26 00:26:29 | 文字数:555文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

探偵のイメージ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

香る不穏 導かれて
迷い込んだ この霧の中
誰が助け求めてるのか
視えぬ影に手を伸ばして

舞台の上 仮面の下
真実と 嘘が織り成す
誰が助け求めてるのか
視えぬ影は赤を纏う

いつもと同じ結末
いつもと同じ終幕
悪戯に謎を知る度
我儘に謎を追う度
傲慢に謎を解く度
どうして誰も救えない?

語られるのは おとぎ話
鮮やかに彩られた
涙叫び傷痕全て
文字の狭間に消えていく

欠片が散る 暗き森へ
誰も知りえぬ彼方まで
香る不穏 導かれて
また迷おうか 霧の中


触れる歪 誘われて
迷い込んだ この闇の中
誰が望み求めてるのか
視えぬ影に目を凝らして

舞台の裏 仮面の裏
憶測と 事実が踊る
誰が望み求めてるのか
視えぬ影は赤に濡れる

いつもと同じ結末
いつもと同じ終幕
悪戯に謎を知る度
我儘に謎を追う度
傲慢に謎を解く度
どうして何も分からない?

騙られるのは おとぎ話
華やかに飾られた
祈り嘆き心も全て
文字の狭間に消えていく

欠片は散る 昏き森へ
誰も知りえぬ奥底へ
触れる歪 誘われて
まだ迷おうか 闇の中


語られたのは おとぎ話
儚げに描かれた
涙祈り傷と心
文字にも成れず消えていく

欠片よ散れ 闇き森へ
誰も知りえぬ深淵へ
不穏、歪 手繰り寄せて
また迷おうか 謎の中

詩を書くのが好きです♪
思いつくがままに書いてます~。

ボカロ動画以外での絵・詩のご使用はお控えください。

twitter↓
http://twitter.com/tukitowa

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP